ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【頭を柔らかくして楽しもう!】豊西 和典による「秋のフロートアジング必釣レポート」

寄稿:豊西 和典
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは! エバーグリーンライトゲームプロスタッフ豊西 和典です。

豊西和典(Toyonishi Kazunori ) プロフィール

1963年生まれ 大阪府在住。長い磯釣りの経験に自らの感性を融合させた独自のスタイルで、ライトゲームの世界をマルチに探究し続ける超ライトゲームオタク。激戦区・大阪湾泉南エリアをメインにしつつも、研究のため全国各地への遠征釣行も頻繁に行っている。とにかく現場主義で、年間釣行回数は100回をゆうに超える。エバーグリーン・ソルトウォータプロスタッフ。JLA(ジャパンルアーアングラーズ)所属

10月も後半に差し掛かり、着実に秋が深まってきましたね。朝晩は防寒が必要なほど冷え込む日も! そして、例年この時期になると盛り上がってくるのが泉南エリア(大阪府)でのフロートアジングです。

今回は、直近の現場の状況を踏まえつつ釣り方などレポートします!

泉南シャローに太マッチョアジが接岸中!

9月~10月は、個人的にかなり苦戦した秋シーズンの泉南フロートアジングですが、10月後半に差し掛かり、ようやく釣果に安定感が出てきました。

例年であればもう少し早くハイシーズンが訪れているので、今年は季節の進行がスローなようですね! 泉南エリアの潮通しの良いゴロタシャローで、20センチ代後半、時には尺オーバーの太マッチョなアジがヒットしています。

主な釣り方は「シャローフリークエクスパンダ(フローティング)」を用いたFシステムセッティングのフロートリグで、リーダーは1.5m、ジグヘッドは「ラウンドロック」#4の0.4g、そこに泉南フロートアジング定番ワーム「ギムレット(2.5in)」の「伝説の白」や「あわやパール・グロー」などの白系カラーをセット(白系カラー、本当強いです!)。

ギムレット【エバーグリーン】

サイズラインナップ 入数 税別価格
1.5in・2.0in・2.5in 8本 500円

エバーグリーン公式「ギムレット」の詳細ページはコチラ

ロングキャストしたら張らず緩めずのテンションを保ちつつ沖の潮流に馴染ませ、流れの変化に付くアジを狙い撃つ方法で釣果が出ています。

柔軟な試行錯誤で「今」を釣るべし!

参考にしていただけたらと思うのですが、自らへの戒めも込めつつお伝えしたいのが、「頭を柔らかくして楽しむべし!」ということ。

刻々と変化する天候、潮汐、水温、水質に伴い、アジの活性や居場所も変化します。昨日釣れたパターンは過去のパターン。全ての条件が同じ状況はもう2度とこないはずだと考えると、もはや明確なパターンなど存在しないと言えるのかもしれません。

実際、私も恥ずかしながら過去のパターンに囚われることで度々痛い目を見ています…。

例えば、1.5mリーダーがハマった次の日に同じ長さで攻めてもさっぱりで2m強の超ロングリーダーセッティングの友人にばかりヒットしたり、つい先日は最近白系カラーが絶好調なので白系ばかり投げていたらアタリが出ず、チャート系に変えた途端連発など…。

もちろん、釣れた場所や潮位・時間帯も含め過去のデータはとても貴重なものですが、過去は過去。あくまでも参考に留め頭を柔らかくして試行錯誤を楽しんでいきましょうね。

豊西的!試行錯誤8例

「どう試行錯誤したらいいねん!」という方用に、私が普段良くしている試行錯誤が以下です。(Fシステムでのフロートアジングの場合です。)

①ハリスの長さを変えてみる(1m→1.5m→2mなど)

②ジグヘッドの重さを変えてみる(0.4g→0.2g→0.6gなど)

③ワームチェンジしてみる(カラーを変える、長さや形が違うものに変える)

④フロートのサイズを変えてみる(シャローフリークエクスパンダF→10.5g Fなど)

⑤フロートをS(シンキング)にしてみる(シャローフリークエクスパンダF→エクスパンダSなど)

⑥誘い方を変えてみる(ナチュラルドリフト→トントンと跳ね上げてステイ→スローに持ち上げてスッと落とす→ただ巻きなど)

⑦立ち位置や投入位置を変えてみる

⑧ポイント移動

その日その時の正解はアジのみぞ知る…。通すレンジやコース、通す際の動きや存在感の少しの違いが、釣果の大きな違いに繋がります。

活発な試行錯誤を行うためには多少の財布の痛みを伴いますが、アタリの釣り方を掴んだ時の快感はプライスレス。回遊待ちなど明確な意図があれば別ですが、1投毎に何かを変えて探っていくくらいのイメージで丁度良いと思います!

ロッドはスペリオル・マニューバーを愛用

最後に、最近私が泉南フロートアジングでヘビーローテーションしているロッドを紹介します! そのロッドというのが「ソルティセンセーション・スペリオル SPRS-84M-T マニューバー」。一言でインプレッションするならば、「身体に優しいロングロッド」です。

ソルティセンセーション・スペリオル SPRS-84M-T マニューバー
【エバーグリーン】

製品名 全長 継数 標準自重 パワー ルアー範囲 ライン範囲 税別価格
ソルティセンセーション・スペリオル SPRS-84M-T マニューバー 2.54m 2 75g ミディアム 1~25g PE0.3~0.8号(MF2~6Lb) 69,000円

エバーグリーン公式「ソルティセンセーション・スペリオル SPRS-84M-T マニューバー」の詳細ページはコチラ

軽く振るだけで重量級フロートリグがゆうに80m以上飛ぶので、力む必要全くなし。もちろん、感度や操作性も素晴らしくシャープで、8ft超えの長さを感じさせません。傷む肩肘にムチ打ち、夜な夜な勤しむシニアライトゲーマーの私にも優しいロッドです。

ハードな状況で確実に獲りにいくためのパワフルロングロッド「ソルティーセンセーション・スペリオル SPRS-83H-T マイティハンツマン」も素晴らしいですが、そこまでのパワーが必要ない日常使いでの「ソルティセンセーション・スペリオル SPRS-84M-T マニューバー」の使いやすさは極上…。

フロートリグ対応の優しいロングロッドをお探しの方は、ぜひをチェックしてみてください!

以上、秋の泉南フロートアジングレポートでした。夜間がメインになる釣りなので、大声での会話など近隣住民の方々に迷惑がかかるような行動には十分配慮し、スパイク付き長靴やライフジャケットなどの安全装備は万全の上、秋の良いシーズンを満喫してくださいね。あと、防寒もお忘れなく。

タックルデータ

ロッド:ソルティセンセーション・スペリオル SPRS-84M-T マニューバー【エバーグリーン】

リール:ステラ(2500S)【シマノ】

ライン:Ar.PE Range Blade(0.5号)【アルカジックジャパン】

リーダー:バスザイル・マジックハードR(8Lb)【エバーグリーン】

ジグヘッド:ラウンドロック(#4 / 0.2g~0.6g  ※0.2gはラウンドロックジグフックを使用して自作)【アルカジックジャパン】

ルアー:「ギムレット(2.5in)」【エバーグリーン】

フロート:シャローフリークエクスパンダ(F)【アルカジックジャパン】

エバーグリーンインターナショナル(EVERGREEN INTERNATIONAL)

昭和63年12月設立、大阪市西区を拠点とする総合ルアーメーカー。名竿コンバットスティックシリーズの各バスロッドブランドや実釣力の高い各種バスルアーを多数輩出。またエギングやジギング、ライトSWなどSWゲームの各魚種をターゲットにしたポセイドンシリーズのロッドやルアーも高い支持を集めている。