ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【ニット帽×ライトという新発想】着脱式でチェストライトにもなるハピソンの新製品が便利スギ…。

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2023

タチウオにアジング、季節が進むとメバリングなど…。

ナイトゲームが盛り上がる季節になってきましたが、そんな釣りの必須アイテムと言えるのが“ライト類”。それと共に、気温も増々低下していくので防寒アイテムも欲しいトコロ。特に顔周りを寒さから凌いでくれるニット帽などは重宝しますよね!「何かイイ物は無いかな?」って、記者自身もライト類やニット帽などを色々物色する中、先日こちらのアイテムを一足先に入手することができました!

充電式ニット帽ライト【ハピソン】

今回入手したのは、ハピソンの新製品「充電式ニット帽ライト」。

ハピソン公式「充電式ニット帽ライト」詳細ページはこちら

名の通り、ニット帽に充電式ライトが標準装備されているアイテム。そう聞くだけで便利そう…。周囲を明るく照らしてくれると同時に、防寒対策もできる優れモノ。では、まずは外観をご覧になってみてください!

パッケージ写真

開封するとこんな感じ

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

ライトは着脱可能! ニット帽本体の洗濯もできてチェストライトにもなる

メインとなるニット帽とライトの他、付属品としてライトホルダーとUSBコード入り。

お気付きの方も多いと思いますが、ライトホルダーが付属ということはライトが着脱式。ライトホルダーへ装着することでチェストライトに変更することができます。また、ニット帽本体の洗濯も行える点も嬉しいポイント。ライトはいずれの使用方法でも、下向き散光で正面から手元を明るく照らします。充電式なので、ランガン時などの移動中に車内やモバイルバッテリーなどで小マメに充電できるのもイイですよね。

さて今回、そんな便利機能を搭載した「充電式ニット帽ライト」を実際に釣行で使ってきましたので、特長を紹介しつつ使用感なども同時にお伝えしていこうと思います。

実際に使ってみた

先日、ナイトゲームで「充電式ニット帽ライト」を使用してきました。ニット帽とライトホルダー両パターンを試してきましたので、それぞれの使用感をお伝えします!

ニット帽装着時

冷え込みのキツイ状況ではこちら1択。

防寒対策もできて正面や手元を明るく照らしてくれる。正直何も言えないくらいの便利さ…。個人的に良かったと思う点は、ヘッドライトやチェストライトを使っていると、ズレたり角度を微調整することがあると思いますが、「充電式ニット帽ライト」は目線の向いている方向と下側を明るく照らしてくれるので本当に使っていて快適でした。

ライトホルダー装着時

続いてはライトホルダー装着時。

ニット帽を被るまでもない気温や一時的に脱ぎたい時など…。ライトホルダーへの装着が重宝しました。ニット帽からの着脱とライトホルダーへの装着もスムーズなのでストレスもありません。ストラップの長さを調節することで、好みの高さに調節でき、正面と下側を明るく照らしてくれます。またコンパクトなので、ボックスの中に仕舞っても邪魔にならないという点も個人的に気に入っているポイント。車のトランクのフックなどに引っ掛けてランタン的に使っても良さそうですよね。

カラーは3色展開

では、最後に「充電式ニット帽ライト」のカラーについて。

「黒」、「グレー」、「青」の3色展開となっています。因みに今回登場した記者が使用しているのは「黒 」のモデル。色んな服装に合わせやすい印象でしたので、こちらもぜひ参考に。

グレー

スペック
カラー 明るさ サイズ 使用温度範囲 重量 防水性 付属品 価格
黒 / グレー / 青 約80Lm フリー -10℃ ~ 40℃ 約105g(ニット帽+ライト) IPX4 USBコード
ライトホルダ
オープン

ハピソン公式「充電式ニット帽ライト」詳細ページはこちら

ナイトゲームを楽しむなら必要不可欠であるニット帽とライト類。ぜひ、両機能が合わさった「充電式ニット帽ライト」を参考にしてみてくださいね…。

ハピソン(Hapyson) プロフィール

充電式チェストライト・インティレイやヘッドライト、蓄光器、水中水魚灯、竿先ライト、バッテリーなどのライト関連、 ライン結び器、針結び器、エアーポンプなどの様々な便利釣具を世に送り出している。