ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

万能に活躍するフィッシュグリップ!第一精工の「ガーグリップMCカスタム」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

釣った魚をサッと掴むことができる、フィッシュグリップ。

手を汚さずに掴むことができるほか、ヒレやキバが鋭い魚を掴む際にも非常に重宝するアイテムです。

今回紹介するのは、第一精工の「ガーグリップMCカスタム」。

第一精工公式YouTubeチャンネルで公開されたタチウオテンヤの動画でも登場した、掴みやすさとホールド力に長けたフィッシュグリップです。

ガーグリップMCカスタム」はフィッシュグリップとしての基本性能はもちろん、そのほかにも便利機能を備えています。今回はその性能と、使用後のメンテナンスについても紹介していきます。

タチウオテンヤの動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」詳細ページ

ガーグリップMCカスタム【第一精工】

Size Weight Material Price
GAR GRIP 235x58x16mm 120g GFRP(ガラス繊維強化プラスチック含有率55%) ¥4,950(税込)
HOLSTER 237x43x35mm 70g

第一精工公式「ガーグリップMCカスタム」詳細ページはこちら

現場で活躍する便利機能が多数搭載!

「ガーグリップMCカスタム」の素材は、高強度でサビないGFRP(ガラス繊維強化プラスチック含有率55%)を使用しています。

また、ホルスターもセットになっているので、ベルトやバッグに取り付けることでスムーズに使用することができます。ホルスターの背面には様々なベルトに対応したアール形状ハンガーが搭載され、カラビナも付属。バッグやゲームベスト、タックルキャリアー、バッカンの枠など、様々な所へ装着することができます。

セーフティロープ(最大120cm)も付いているので、不意の脱落や紛失なども防止してくれます。六角レンチで、ロープ装着位置の調整なども可能です。

また、ホルスターから取り出すと共に先端が開く仕組みで、魚が釣れた時も素早くキャッチすることができます。

ホールド性もバツグン!

フィッシュグリップとして最も重要なポイント、なホールド性もバッチリ! ネームにもあるように熱帯魚の“ガー”のような細長い歯が交互にビッシリと並んでいるため、ガッツリ魚を掴むことができます。

先端部では魚の下顎を挟めるような設計になっているので、フックを外す際などにも活躍します。掴むのが難しい豆アジやヒレに毒のあるハオコゼなどを掴むのにもピッタリです。

カラーは全部で3色

カラーはミリタリーカラーズシリーズ定番の「ブラック」、「フォリッジグリーン」、「ダークアース」の3色展開! お好きなカラーを選んでみてくださいね。

ブラック

フォリッジグリーン

ダークアース

使用後のメンテナンスについて

「ガーグリップMCカスタム」のメイン素材は、高強度でサビないGFRP(ガラス繊維強化プラスチック含有率55%)ですが、一部には金属が使用されているので、使用後はメンテナンスをするようにしましょう。

ちなみにメンテナンスの方法は、バケツなどに水を張ってつけておく所謂“ドブ付け”方法ではなく、軽く全体を水で流し、魚を掴んだ歯の部分を軽く洗剤などを付けて洗うのがいいとのこと。実は樹脂系の素材は吸水してしまうため、長時間水につけておくと水を吸って、グリップの開閉が悪くなってしまう場合があります。

また、万が一グリップの開閉が悪くなってしまった場合は、センターボルトを緩めることで調整が可能とのこと。ここで一つ注意点は、センターボルトの調整ができるのは現行モデルのみになるとのこと。

メンテナンスの詳細は、以下の動画でも開設されています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」詳細ページ

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。