ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「専用ライン」ならではのコダワリ。「アンサージギングPE×8」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ゴーセンからソルトウォーターゲームの各ジャンルごとに「専用ライン」として登場した「ANSWER(アンサー)」。

アンサーには現在2種類があり、ひとつはアンサーエギング、もうひとつがアンサージギング。

いわばジャンル特化型PEラインとなる「ANSWER(アンサー)」ですが、今回はアンサージギングPE×8をピックアップ。

出典:YouTube「LureNews.TV」

アンサージギングPE×8

アンサージギングPE×8は、高耐久なのはもちろんながら、ジギングにおいて大切なパターンの再現性をつかみやすいのが魅力。具体的にはヒットレンジを把握しやすい、視認性の高いカラーパターンと、その視認性の高さが長続きする加工が施されています。

強い・見やすい・長持ちする

まず、強度面においてはMPX製法×HDX製法が、根幹となる。

ごく簡単に説明すると、原糸を高密度で組み上げるMPX製法と原糸を正確に組み上げるHDX製法。高密度で正確に原糸を組んでいるので耐摩耗性と耐衝撃性、感度に優れる。

号数ごとに最適な設定

加えて、自社工場を持つゴーセンならではなのが、号数ごとに原糸をセレクト。ジギングといってもスーパーライトからディープ、重いメタルジグを使うものまで様々。当然使用PEラインも異なってくるのだが、それを想定し号数ごとに最適な原糸、最適な組み方で調整しているのが強み。シリーズ全体で0.8号~6号のラインナップ、同じ原糸と同じ加工調整ではなく、それぞれに最適な設定を施しています。

高い視認性はレンジ把握に有利

配色パターンは上記の通りなのですが、ここにもコダワリが。色の見え方というのは、個人によって実は結構違うそうで、そうした観点から、誰にとっても各色が見やすくコントラストでも視認しやすい配色を選んだそうです。

また、タチウオなど歯の鋭い魚からのアタックを避けやすい配色にもしているそうで(各カラーの中央にあるラインカラーからホワイトを排除した)、ラインブレイクを軽減。このあたりはさすが「ジギング専用」といえる。

また、ゴーセン独自の樹脂加工とシリコーンコーティングにより色落ちを軽減。長く初期の視認性の高さがキープされるのも特長。コーティングにより耐摩擦性能も高めることで、糸切れを抑制。滑りもよくガイド抜けもよいため、キャストして広く誘う場合もアドバンテージとなる。

スペック

200mには0.8~3号が、大型魚も想定した300mには0.8~6号までがラインナップされる。

200m

号数 (ポンド) 最大強力
0.8 (16lb) 7.3kg
1 (20lb) 9.1kg
1.2 (25lb) 11.4kg
1.5 (30lb) 14.0kg
2 (35lb) 15.9kg
2.5 (40lb) 18.2kg
3 (45lb) 20.4kg
300m

号数 (ポンド) 最大強力
0.8 (16lb) 7.3kg
1 (20lb) 9.1kg
1.2 (25lb) 11.4kg
1.5 (30lb) 14.0kg
2 (35lb) 15.9kg
2.5 (40lb) 18.2kg
3 (45lb) 20.4kg
4 (55lb) 25.0kg
5 (65lb) 29.5kg
6 (75lb) 34.0kg

価格はいずれもオープン。

耐久性はもちろん、見やすさや初期性能が続く点など、リアルに扱いやすい専用ライン、各種ジギングも盛り上がってくる時期ですし、ぜひチェックしてみてください。

ゴーセン公式「アンサージギングPE×8」詳細ページはこちら

ゴーセン(GOSEN)

1953年設立、大阪府大阪市中央区に本社を置く繊維ブランド。フィッシングラインの開発から始まり、その後テニスやバドミントンのガットなどを手掛け、現在は世界的に注目されているブランド。 すべての製造工程を自社内でトータルに手掛け、「細くて強い糸」の実現に向け、日々研究開発を重ねている。