ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今年は当たり年!?】数・サイズともに絶好調な最北ヒラメゲーム

寄稿:加藤 純平
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ハイドアップフィールドテスター、北海道担当のカトウジュンペイです!

加藤 純平(JUMPEI KATOU) プロフィール

ハイドアップフィールドテスター北海道担当。 北海道札幌市出身、在住の30歳。 年間通してロックフィッシュを中心に北海道でルアーで釣れる魚を狙っています。

ヒラメ釣りといえば東北圏のイメージ強いですが、水揚げ量では北海道も第3位! 例年人気のゲームフィッシュですが、今年は数サイズ共に好調。ということで今回は、北海道でのヒラメゲームをご紹介します!

北海道ヒラメゲームの時期

例年、雪が溶け水温が上がり始めると、ロックフィッシュが動き出します。

それに伴い、遊漁船でのボートロックなどが始まり「そろそろヒラメ釣れるんじゃない?」となるのが、5月のゴールデンウィーク明け。

みんなヒラメゲームを待ち望んでいるので、ボートロックの合間にちょっと狙ってみたら「今期第1号釣れました!」とアナウンスが各地で出始めます。

そこから北海道は一気に水温も上がり、ヒラメが接岸してくるので、6月には陸っぱりでも釣れ始めます。そのまま釣れ続け、長いところでは11月頃まで釣れます。

おすすめロッド

ショアでもオフショアでもやることはあまり変わらないので、タックルは流用できます。スピニング・ベイトどちらも14〜42gくらいまで扱えるスペックだと、釣りの幅が広がります。

僕的におすすめのロッドはコレ!

Macca Red Series(HUMRS-77M-5)【ハイドアップ】

ハイドアップ公式「Macca Red Series」の詳細ページはコチラ

Macca Red Series(HUMRC-77MH-5)【ハイドアップ】

ハイドアップ公式「Macca Red Series」の詳細ページはコチラ

Macca Red Series(HUMRS-77M-5)」「Macca Red Series(HUMRC-77MH-5)」どちらとも5ピースのパワーバーサタイルロッド。21g〜42gくらいまでを気持ちよく使え、海外の魚を想定したロッドなので、魚がかかったときの安心感はバツグンです

ルアーセッティング

基本的なセッティングは、ジグヘッド14〜42g+ブレード。そこにセットするワームは、ベイトによって変えていきます。

例えば、日本海フィールドはイワシ系が多いので「スタッガーオリジナル5in & 6in」。

スタッガーオリジナル5in & 6in

製品名 重さ 長さ 入数 推奨オフセットフックサイズ 税別価格
スタッガーオリジナル5in 約14.5g 127mm 6 #5/0 935円
スタッガーオリジナル6in 約21g 152mm 5 #6/0 935円

ハイドアップ公式「スタッガーオリジナル5in6in」の詳細ページ

太平洋噴火湾フィールドでは、カレイの稚魚やハタハタの稚魚がベイトのことが多いので、「スタッガーワイド4in」「スタッガーワイドツインテール4in」「スタッガーワイドホグ4in」といった「ワイドシリーズ」を使います。

ワイドシリーズ
(スタッガーワイド4in・スタッガーワイドツインテール4in・スタッガーワイドホグ4in)【ハイドアップ】

製品名 重さ 長さ 入数 推奨オフセットフックサイズ 税別価格
スタッガーワイド4in 約15.5g 102mm 4 #5/0 935円
スタッガーワイドツインテール4in 約16.5g 102mm 4 #5/0 935円
スタッガーワイドホグ4in 約20g 102mm 4 #5/0 935円

ハイドアップ公式「スタッガーワイド4in / スタッガーワイドツインテール4in / スタッガーワイドホグ4in」の詳細ページ

おすすめカラー

おすすめカラーは、「チャートグリーンゴールドF」。他にも目立つ、シルエットがはっきりするカラーを選んでください!

ジグヘッドの重さについて

ジグヘッドの重さは、飛距離や水深というよりもワームサイズとリトリーブのスピードで使い分けます。

活性が低い時や、水の色が悪い時などスローリトリーブで魚にゆっくりルアーを見せる場合は、21gのジグヘッド。速い動きで食い気のある魚をテンポよく探す場合は、42gのジグヘッド。このような感じで使い分けてみてください!

ボートヒラメゲームもおもしろい

北海道では昔から「バケ釣り」と呼ばれるエサ釣りが人気でしたが、最近はバケと一緒にルアーも乗れる乗り合いが増えています

基本的にバケ釣りはバーチカルに狙っていくので、ルアーとの住み分けができています。水深も浅めが多いので、通常のオカッパリタックルでOK

今年は好調なので2桁なんて釣果も!

意外と初心者にも優しいヒラメ

ヒラメは比較的、いたら釣れる魚だと思っているので、トライしやすいターゲットになります。近郊サーフや防波堤、沖堤防シャローディープ問わずどこにでもいて、投げて巻くだけで釣れる魚です。

基本アクション

キャスト→フリーフォールで着底→ハンドル5回転→カーブフォール→5回転

巻き始めの2回転目くらいでバイトが多く出ます! 1箇所で粘るときは、潮通しのいい堤防先端など。それ以外はどんどんランガンしていきましょう!

バイトがあっても乗らない場合は再度ルアーを変更してキャストしたり、粘るのもあり! 足で稼ぐのがヒラメと出会う近道です!

釣って楽しい食べて美味しい!

ヒラメと言えば高級魚。お刺身やムニエルで美味しいです。時合いやベイトが合えば連発もよくあります。時には美味しい外道も!

ハードルが低く持ち帰っても喜ばれる、今が最盛期のヒラメゲーム、ぜひトライしてみてください!

ハイドアップ公式「オンラインショップ」がオープン!

遂にハイドアップの公式オンラインショップがオープンしました! オンラインショップでしか買えないアイテムも多数ラインナップされているので、ぜひチェックしてみてください!

ハイドアップ公式「オンラインショップ」はコチラ!

こんなチャレンジもやってます!

Instagram内でハッシュタグ#ハイドアップ製品で30魚種チャレンジというのをやっています! 2022年の1年間でハイドアップのルアーを使い30魚種目指して釣っていきます!

これからどんどん追加していくのでこちらもご注目ください!

ハイドアップ(HIDEUP )

現役トッププロ吉田秀雄が代表をつとめる琵琶湖そば滋賀県大津市を拠点とするルアーメーカー。 異例のロングランヒットを続けるスタッガー・オリジナルをはじめとする、スタッガーシリーズやHUクランクシリーズなどのワーム、プラグやロッド「マッカ・シリーズ」など、こだわりのアイテムを多数輩出。