ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジャッカル/ヤミィ4.5 AR カスタム炸裂中】加木屋守(マーモ)がワイルドカード戦の「プラクティス釣行」をレポート!

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは! 現在バサーさんの企画である「バサーオールスタークラシック」への切符をかけた試合である、ワイルドカード戦のため、遠賀川に来ています。大雨が降って試合日が近くなったにも関わらず水質の変化でパターンが変わってしまいましたが、最近ジャッカルから発売となった「ヤミィ4.5 AR カスタム」がカナリ活躍中!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

状況変化の影響を受けても「ヤミィ4.5 AR カスタム」が活躍中

今年の春に、ジャッカルチームのきょうちゃん(藤田京弥)が優勝したのも「ヤミィ」。

藤田 京弥(KYOYA FUJITA ) プロフィール

藤田京弥(ふじた・きょうや)…1996年生まれ。埼玉県出身、山梨県在住。6歳から釣りをはじめ、18歳でヒューマンフィッシングカレッジに入学。2017 年卒業と同時にJBマスターズ・シリーズにエントリーし、初年度年間20位。JB河口湖Aとダブルで昇格資格を得て2018年よりTOP50へ参戦。 2018年のトーナメントシーンでの活躍は目覚ましく、2018ジャパンスーパークラシック優勝、2018JBマスターズ年間優勝、2018トップ50第3戦優勝、2018トップ50年間2位など。 2019年からはジャッカルプロスタッフとなり、リボルテージブランドで自身が監修するアイテムの開発に着手。 ちなみに得意技は河口湖仕込みのサイトフィッシングで水中虫パターンなどの得意テクあり。トップ50参戦中の藤田夏輝は実の兄(初の兄弟TOP50プロ)

そして、その「ヤミィ」の比重を少し軽くして、スローフォールに特化させたモデルが発売となりました。この「ヤミィ4.5 AR カスタム」は、塩の含有量も従来より少なくなっているため、ハリがあって凄くボヨンボヨンとした動きを演出してくれます。

ジャッカル公式「ヤミィ4.5 AR カスタム」詳細ページはこちら

そして、針持ちも良いので、2.2g〜3.0gのネイルシンカーを入れたパワーフィネスの釣りにも非常に適しています。

これを遠賀川では沖の沈み物を絡めたりカバーを撃ったり、カナリ楽しむことができました。そして、プラも一緒に手伝ってくれたジャッカルチームのガイアは「ロングエム」の5gフリーリグでナイスバスを連発させていました。

ジャッカル公式「ロングエム」詳細ページはこちら

ガイアは遠賀川でこの「ロングエム」のフリーワッキーで好釣果を上げています! カバーや縦ストなどにフォールを中心に狙って行く釣り方なのですが、面白そうなので今度YouTubeチャンネル「マーモチャンネル」でも、詳しく動画撮影を行いたいと思います(笑)。それではまた来週!

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!