ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【産卵から回復した個体を狙う】杉戸船長が徹底解説!「アフター回復バス攻略」で何故PEラインを多用するのか?

寄稿:杉戸 繁伸
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さん、こんにちは。杉戸繁伸(すぎと・しげのぶ)です。

今年は6月末の時点で梅雨明け宣言が出されるなど、今までに無かった事が起こり、その先はどうなるのか?少し不安になりましたが、結果的には、梅雨のような天気が続き、例年と変わらず同じようなタイミングで夏がやってきた感じです。

今回は季節の移り変わりの中で、どういった魚を狙っていけば良いのか? どうやって狙うのか? 少し解説させていただきたいと思います。

杉戸繁伸(Shigenobu Sugito) プロフィール

ルアーブランド・GETNET(ゲットネット)代表。 琵琶湖でプロガイドを務める傍ら、ルアーデザインに従事。 船長の愛称で親しまれる。

産卵から回復した個体を狙う

今のタイミングで狙うべき魚は「産卵から回復した個体」。この個体が活発にエサを求めて動き回っています。自分がホームとしている琵琶湖では、回復するにつれてベイトを追って沖へスクールを形成して回遊する魚が多くなります。もちろん釣りに関しても、その動きを追随しながら狙っていくようになっていきます。

そんな中、とりあえず手堅く釣れる釣り方をご紹介します。自分の使用頻度が高い…というのもありますが、その時の状況に応じて表層からミドル、そしてボトムまで色んなレンジを攻略でき、また比較的いろんな状態の魚が反応しやすく、釣りやすいという理由で「ジャスターフィッシュ3.5in」のネイルリグを多用しています。

「強く」そして「飛ぶ」ラインが重要

オフセットフックに「ジャスターフィッシュ3.5in」をセットし、0.9〜1.5gのネイルシンカーをセット。それで各レンジを探っていく訳ですが、そもそもルアー自体が軽量。

そして狙うポイントもハードボトムやウイードが多くて、ヒットする魚もデカイ。さらに表層を狙うことも多く、ボイル打ちの際はロングキャストが必要になる。

これらの条件を満たそうと思うと、タックルバランスがかなり重要で、その中でもラインの存在は大きくなります。

色々試した中で、自分はサンラインの「ソルティメイト キャストアウェイPE」を愛用しています。そしてリーダーには「シューター・FCスナイパー」8~10LBをセットしたものを使用。

ソルティメイト キャストアウェイPE

サンライン公式「ソルティメイト キャストアウェイPE」詳細ページはこちら

シューター・FCスナイパー

サンライン公式「シューター・FCスナイパー」詳細ページはこちら

ソルティメイト キャストアウェイPE」はPEラインとエステルラインのコンポジットであり、従来のPEラインよりも、僅かに張りがあって表面に特殊コーティング加工が施されているので、滑りも良くてガイドにまとわりつくなどのライントラブルも少ないので、キャスト性能はかなり良い感じ。さらに、比重も1.05と一般的なPEラインと比較すれば高比重なので、ラインメンディングもやりやすく、そのまま各レンジを攻めることができ重宝しています。

ワカサギパターンの際もPEセッティングが大きなアドバンテージに

回復系が多く集まる沖のウイードやハードボトム攻略以外にも、近年の琵琶湖において夏から秋にかけてはワカサギパターンが激アツ。50UPが水面でボイルしまくり!水面直下を走り回る光景は圧巻です。

ところが、年々そういったバスでさえもヒットさせるのが難しくなってきている状況で、少しでもバイト率をアップさせるという意味でも、軽量ルアーのロングキャストが必要、つまりPEセッティングが活躍する場面も増えてきております。

恐らく今年も、そんなアツイ釣りがまもなく始まるハズ…。ぜひ、PEラインのシステムを組んで、挑戦してみてはいかがでしょうか?

こちらの動画も参考に

出典:YouTubeチャンネル「GETNET-TV」

シューター(Shooter)

シューターはサンラインのバスフィッシング専用ラインブランド。フロロカーボンライン「FCスナイパー』シリーズや、ナイロンラインの「デファイアー」シリーズやマシンガンキャスト、そしてPEラインのステューターなどが特に人気を集めている。

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!