ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【2種類のカーリーテールが異なる波動を発生】3inというコンパクトな形状にも関わらずアピール力バツグン!Viva「ホグホグHog」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

テキサスリグやラバージグにフリーリグなどなど…。

カバー撃ちが楽しい季節。皆さんは普段どのようなワームをお使いですか? アングラーによって好みも様々だと思いますが、数多く点在するカバーで効率良くバスをキャッチしようと思えば「アピール力」で少しでも遠くからバスを引き寄せることが重要な気がします。なおかつ、使いやすくて食わせ力もバッチリなら最高ですよね。

では、今回紹介するこちらのワーム、皆さんはどう思われますか?

ホグホグHog【Viva】

Vivaが手掛けるハイアピール・クローワーム「ホグホグHog」を紹介。

最大の特長は3inというコンパクトな形状にも関わらず、アピール力バツグン! スローフォールでも2種類のカーリーテールと6本のアシが水中で異なる波動を発生させ、バルキーなボディとの相乗効果で遠くからでもバスをシッカリ引き寄せることができるワームに仕上がっています。

ホグホグHog : 3.0inch / ¥770(税込) [8本入り]

Viva公式「ホグホグHog」詳細ページはこちら

実物がこちら!

ショートムービーもご一緒に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

2種類のカーリーテールがバルキーかつライブリーな波動を発生

さて、「ホグホグHog」の最大の特長でもある「存在感」を実現してくれている大きな理由は、スローフォールでもシッカリ動く2種のカーリーテールが採用されているから。

メインとなるサイドのカーリーテールは安定した動きを発生させ、中央のリボンテールはランダムな動きを演出することで、バルキーかつライブリーな存在感を演出! フォール時にはボディ両サイドに設置された小さなアシが細かく振動し、水中にワームがある間は、どこかしらのパーツが動き続けて常にバスを誘い続ける仕様になっています!

フック用ガイドラインも採用!

オフセットフックをスムーズ&スピーディーにセッティングできるように、ボディ中央にはフック用ガイドラインを採用! これによって誰でも簡単にフックセッティングが行えます。

使い方やオススメリグなどを詳しく解説!こちらの記事もぜひチェック

藤井春平さんによる、使い方やオススメリグなどを詳しく解説した以下の記事も参考になると思いますので、ぜひ今回の記事とご一緒にチェックしてみてくださいね。

【冬バスの釣り方教えます】水深に応じてリグをセレクト!藤井春平が「ホグホグHog」を駆使したシャローカバーゲームを詳しく紹介

次ページでは気になるカラーバリエーションを紹介!
1 / 2
次へ