ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今週のたまらんばいスポット】濁れば巻くべし!サマークランキング炸裂中!

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは、たまらんばい永野です! 今年は梅雨も無く、早い段階で灼熱の琵琶湖と化しました。更に6月末の琵琶湖・南湖は、南風・爆風の日が続き、一気に濁りが蔓延。

このタイミングでクランキングが炸裂しています! 現在の南湖クランキングだと、個人的に台風後などで濁りが蔓延して、かつ放流量が上がり、流れの出来るタイミングでないと、なかなかハマらないかなとも思っていたのですが、なんのその! 流れがなくても濁りと風でクランクフィーバー! しっかり当たってくれました。

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

クランクフィーバー中!

今回活躍したのが「HU-350」。14Lbラインを使って、3.5~4m前後まで潜行する350が、ドンピシャリで、下物アウトサイドのウイードエッジを巻いてウイードコンタクト時にドン! みたいな釣りが楽しかったです。

放流量があれば尚よしですが、無くても風があるのがキーです。荒れてたら更にあり。シンプルに風が吹いたらまく、という思考で良いと思います。

HU-350【ハイドアップ】

製品名 全長 ボディのみの長さ 重さ タイプ 潜行深度 標準フックサイズ(前・後) 税込価格
HU-350 97mm 56mm 17g フローティング 3.5m #6・#6 1,870円

ハイドアップ公式「HU-350」の詳細ページはコチラ

狙うウイードは2つ

巻くウイードは2つ。コカナダモフラットとウイードエッジ(ごはんですよ絡み)です。

コカナダモフラットの場合

コカナダモフラットは、南湖・西岸のヤマハ沖〜鳥居沖の3~3.5mに広がるエリア。ちょうど以前立っていたエリのちょい沖くらいのラインで、沖まで出すぎると、逆にウイードがなくなってしまいます。魚探に若干モサモサと映るようなラインを広く流していきましょう。

ウイードエッジの場合

ウイードエッジは烏丸沖〜下物沖。ウイードエッジを巻くときの1つの目安は、濃いウイードが、しっかり生えているところのエッジを狙うこと。

のんべんだらりとしたエッジも無くはないのですが、ウイードがある方にはある、というところの隣の薄いところってのが◎。巻いていて、たまにリングビアウォーレイ(ごはんですよ)がかかってくる場所が良いです。

エッジにしても、フラットにしても大事なのは巻いていて、たまにウイードが掛かる程度のレンジやクランクを選ぶこと。あたり過ぎも、当たらずノー感じもダメです。程よくプチプチ当たるところを巻きましょう。

オススメタックル

今年のクランキングオススメタックルはコチラ!

ロッド:MACCA (71M )【ハイドアップ】


(クランキングには専用ロッドを設けることが釣果への近道です。71M+なら間違いない!)

リール:カルカッタコンクエストDC200【シマノ】

ライン:ガノア アブソルート(14Lb)【バリバス】
(HU‐350を使うようになってからは太いラインで深いレンジをひけるようになりました!)

ぜひ、皆さんも今が旬のクランキングゲームを満喫してみてくださいね!

WEB連載 琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査は隔週 木曜日 配信!

過去の記事もこちらからぜひチェック!