ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【水通しの良い場所がキー】加木屋守(マーモ)がバックスライドリグで狙うと有効なカバーを解説!

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは! マーモです。

かなり暑くなってきましたね…、皆さんは釣りに行かれていますか? これからもさらに気温が高くなってくると思いますので、くれぐれも熱中症には気をつけて釣りを楽しんでくださいね。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

「RVドリフトクロー」を使ったカバー撃ちが炸裂中!

さて、暑い夏ですが相変わらず長良川でのカバーゲームは絶好調。「RVドリフトクロー」を中心としたバックスライドでのカバー撃ちを楽しめております。

RVドリフトクロー

ジャッカル公式「RVドリフトクロー」詳細ページはこちら

ただ、カバー撃ちとはいえ、どういったカバーを狙えば良いのか? という質問も多くいただくことがあります。という訳で、今回は「RVドリフトクロー」を使った、バックスライドで狙うカバーの狙いドコロを紹介!

バックスライドリグで狙うべきカバーとは?

まず、以下の写真のようなカバーは非常にバスが付いている確率が高くなります。

夏はやっぱり水通しの良い場所が非常にキーになります。なので、少しでも沖に張り出しているカバーやシェードが有効に。そういった場所を中心に狙う訳ですが、川の流れがあるような場所ではアプローチ方法もカナリ重要で、下流側からアプローチするよりも真横、もしくは上流側からアプローチすることを心がけてみてください。

流れがある場合は下流からアプローチしてしまうと、流れに負けて中々思うようにバックスライドして行ってくれないことが多くあります。それを真横や上流側からアプローチすることによって綺麗にカバーへワームを送り込むことが可能となります。これを意識するだけでもかなり釣果は変わると思いますのでぜひお試しください!

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!