ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

圧倒的軽さと感度でタチウオジギングを制する「鏡牙AIR」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オフショアジギングのターゲットとして人気の高いタチウオ。その人気は、タチウオの力強い引きも面白いし、結構ツンデレなところがあるから奥深いし、食べても美味しいところ!

ジギングにおいては九州から東北まで、ほんと幅広い地域で親しまれていて、かつそれぞれにローカルコアなストロングパターンやジグがあったりするから興味深いですよね。

鏡牙AIR 【ダイワ】

さて、今回ご紹介するのはロッド。

そんな全国的に愛されるタチウオジギングにおいて「どこででも通用する超軽量ロッド」として登場しているダイワの「鏡牙AIR」

出典:ダイワ公式「鏡牙AIR」詳細ページ

タチウオジギングブランド「鏡牙」に限った話ではないけれど、「AIR」と聞くと頭の中に軽い!感度イイ!!って浮かんじゃうほどに、すごくイメージ付けができているAIRの文字。

鏡牙AIRも、例にもれず超軽量、それに伴う高感度。そして全国で通用する5機種。

ブランクスには共通してHVFナノプラス、そしてX45というおなじみのダイワテクノロジーを搭載。

その5機種の内訳は

フルソリッドブランクスのTG(スリルゲーム)65B-1.5TG。MT(メタルトップ)搭載の64B-2MT、62B-3MT。そしてチューブラーモデルの63B-2。最後にS、スピニングモデルの65S-3。

出典:YouTube「DAIWA Salt Water Fishing」

全身フルソリッド!65B-1.5TG

まず面白いなぁと思ったのがMEGATOPモデル、つまりフルソリッドの65B-1.5TG。タチウオジギングロッドでフルソリッドって、そこまで多くないと思うのですが、やはり食い渋り時などにメタルジグの跳ねや余計なアクションを抑え、バイトがあった時のバラシを軽減。

それからシンプルに見てても「こりゃ掛けたら面白いだろうな」と思わせるダイワらしいロッド。

品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ジグ・ルアー重量
(ジギング)
(g)
ラインPE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
65B-1.5TG 1.96 2 149 105 1.2/8.1 60~160 0.6~1.0 90 36,000

メガトップ搭載の超高感度

高感度メタルトップ搭載の64B-2MT、62B-3MT。ティップの感度の高さは折り紙つきで、特にフォールバイトを明確に、視覚的にも手感度でもアングラーに届けてくれるのが特徴。ショートバイトなどが多発する時にはもってこい。

品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ジグ・ルアー重量
(ジギング)
(g)
ラインPE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
64B-2MT 1.93 2 146 105 0.8/9.8 60~180 0.6~1.2 71 34,000
62B-3MT 1.88 2 140 125 0.6/10.2 80~200 0.6~1.5 76 34,500

まさにド真ん中の王道63B-2

上記、スリルゲームとメタルトップ搭載モデルは、ある種ダイワらしい特長のあるロッド。そこでもっとド真ん中な機種を…となるなら63B-2。

全身チューブラーの王道的なブランク設計で、クセなくロッドアクションをこなせて感度、パワーも不足なし。誰が使っても扱いやすいオールラウンダー。

品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ジグ・ルアー重量
(ジギング)
(g)
ラインPE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
63B-2 1.91 2 144 100 1.4/9.8 60~180 0.6~1.2 78 33,500

唯一のスピニング

シリーズ内唯一のスピニングモデルである65S-3はメタルジグの横引きや高速ジャークに対応。さらにワームを使った釣りにも高次元で対応します。

品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ジグ・ルアー重量
(ジギング)
(g)
ジグ・ルアー重量
(キャスト)
(g)
ラインPE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
65S-3 1.96 2 151 125 1.4/10.2 80~200 20-60 0.6~1.5 83 34,000

エアセンサーシートショートトリガー

パワーランク1.5(65B-1.5TG)と2(64B-2MT、63B-2)の3アイテムにはエアセンサシートショートトリガーを採用。

トリガー部分が小さく長時間使用しても手に負担が少ないリールシートで、タチウオジギングに使われることの多い丸型リールとの相性もよい。

ショートトリガーであれば、リールごとパーミングする事で長時間ジャーキングをしても疲れにくい設計。

当然軽さもあるリールシートだけに、軽さと感度を優先するタチウオジギングには好適。

すでに東京湾ではタチウオが上昇気配。ここ最近は、夏タチから紆余曲折はありながらもロングランに楽しめる傾向が強まっています。昔は夏の浅場で数釣り、冬の深場でドラゴンなんていっていた記憶があるのですが…楽しめるシーズンが長くなっているからこそ、驚きの軽さと感度を有するタチウオジギングロッド「鏡牙AIR」、一度チェックしてみては?

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!