ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【豆アジ専用設計】特殊形状の極小ヘッドとオープンゲイプを採用した超細軸フックが特長!アクアウェーブの新製品「A.W.ナンバンヘッド」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

豆アジング。

いよいよ楽しくなる頃。極小バイトを掛けるのは至難の業。これもまた面白さではありますが、どうせ釣るのであれば正確に掛けて数釣りを楽しみたいトコロ。使うワームやアプローチも大きく関係しますが、魚の口にシッカリ掛けるフック選びも重要。ジグヘッド選びで釣果が大きく左右することもしばしば。そんな中、今回紹介するのはアクアウェーブの新作ジグヘッド。豆アジングでカナリ活躍する仕様に。

A.W.ナンバンヘッド【アクアウェーブ】

2022年7月中旬登場予定

豆アジ専用設計。

特殊形状の極小ヘッドとオープンゲイプを採用した超細軸フックが特長。0.3gから1gまでを揃えた極小サイズのジグヘッド「A.W.ナンバンヘッド」がいよいよ登場! 製品特長を解説させていただく前に、まずは全体像をご覧になってみてください。

ウエイト:0.3g、0.6g、0.8g、1g 数量:4本入り 税込価格:440円 

極小!サイズ感もこの通り

ショートムービーもご一緒に

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

スローフォールを演出する極小特殊形状ヘッド

一通りアイテムの全体的なシルエットをご覧いただけたとは思いますが、まず注目していただきたいのがヘッド形状。

極小はモチロン、一般的なジグヘッドとはカナリ異なるヘッド形状をしていますが、これが豆アジを釣る大きなポイントに繋がっており、良く見ていただくとお分かりいただけるとは思いますが、ヘッドの下側に少しクボミが設けられています。これはフォールスピードをスローにするために施された加工であり、クボミで水を受けることでスローかつ水平フォールを演出。ジグヘッドがゆっくりと真っすぐ落ちていくことで、豆アジがジグヘッドを吸い込みやすくなります。

オープンゲイプを採用した超細軸フック

何度も曲げ直しては現場でテスト。フックもカナリこだわられています。

フック形状はオープンゲイプ仕様で僅かなアタリでも鮮明に感じ取ることができます。また、線径もアクアウェーブ初となる#16の超細軸仕様。豆アジだけの攻略を考えられたジグヘッドですので、大型が掛かることはあえて考えず柔い豆アジの口周りにサクッと刺さるように仕上がっています。ですので、少しでも良型サイズを狙いたい場合は既存のジグヘッドに変更することをオススメします。それだけ細軸に仕上がっています。

ウエイトラインナップ

ウエイトは全4種類。0.3g、0.6g、0.8g、1gがラインナップ予定です。記者的にはパイロットで0.8gを使い、アジの様子次第でウエイトを色々調節する使い方をしてみたい。

豆アジ専用ワームも登場予定!アジピンピン&アジペンペンとの相性バツグン

今回、ジグヘッドと同時期に登場を控えているのが「アジピンピン」と「アジペンペン」というこちらも豆アジ専用ワーム。「A.W.ナンバンヘッド」との使用を前提に開発されたワームでもあり、とにかく相性バツグン。ぜひセットでお試しアレ! 新作ワームに関しては近々詳細をお伝えしたいと思います。

上側:アジピンピン 下側:アジペンペン

豆アジングシーズン真っ最中! ぜひリリースされたら「A.W.ナンバンヘッド」を試してみてくださいね!

AquaWave(アクアウェーブ)

兵庫県三木市を拠点とするソルトウォータールアー専門ブランド! アジング、メバリング、タチウオゲームなどのワーム、プラグ、ジグヘッドなどを主体に現場密着系アイテムを続々と輩出中!