ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「BF-Airy(ビーエフエアリー)33mm」自重は何と6.8g!  ベイトフィネス用シングルハンドルが2022年秋登場

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

アジングやメバリングなどライトSWゲーム用のベイトフィネスロッドをいくつも手掛けてきたクリアブルー!
そんなクリアブルーが今度は、何とアジングを想定したSWベイトフィネス用のシングルハンドルを開発中! それは…。

DLIVE × ClearBlue コラボ
「BF-Airy(ビーエフエアリー)33mm」【クリアブルー】

2022年10月登場予定

クリアブルーから2022年秋登場予定なのが、何とアジングを想定したSWベイトフィネス用のシングルハンドル「BF-Airy(ビーエフエアリー)33mm」す! ちなみにハンドルの単体の自重は何と! アンダー7gなんです!

アイテム名 重量 サイズ(ピッチ) カラー ハンドルプレート・ノブキャップ:材質 ノブ材質 スカート 価格
BF-Airy(ビーエフエアリー)33mm 6.8g 33mm ブルーシルバーとブラック アルミ(ジュラルミン) シリコンゴム POM樹脂 ¥16,390(税込)
クリアブルー公式  ビーエフエアリー33mm詳細ページはこちら
適合リール(ダイワのみ)

STEEZ各種、SS各種、ジリオンSV TW、TATULA SV TW、アルファス(CT SV、AIR、SV)

注目の「BF-Airy(ビーエフエアリー)33mm」の特長を細かくみていきましょう!

 

シングルハンドル仕様!

BF-Airy(ビーエフエアリー)33mm」は、存在自体が珍しいベイトリール用のシングルハンドル!

元々、普段からはベイトタックル・アジングを楽しんでいたクリアブルーの本岡さん。
その時は、一般的なダブルハンドルのベイトフィネスリールを使用していたそうなのですが、その際に、ロッドを軽く握るアジングではダブルハンドルの重量によるタックルバランスの傾き(違和感)が非常に気になっていたよう!

またアジングのジグ単、ハードルアーなど近距離戦で釣りをする時にノブを握っていることがほとんどで、ダブルハンドルの必要性を感じなかったそうな!
そんな想いが今回のベイトフィネス用シングルハンドル誕生につながったとのこと!

詳しい開発ストーリーについてはこちらをチェック!

 

ハンドルの自重は 何と6.8g

一般的なベイトリールについている純正ハンドルの重量は約19g(ノブ付き)に対して「BF-Airy(ビーエフエアリー)33mm」の重量は6.8g(ノブ付き)! その重量差は12.2g!

何と約1/3の軽量化に成功してるんです!

 

高感度を実現

超軽量シングルハンドルにするとタックルの重心がリール本体に寄ることで、傾き(違和感)を感じることがないとのこと。
タックルバランスが向上することで劇的な感度を実現!

 

 

特長④ スムーズなリトリーブを実現

ベイトリールの純正ハンドル長はダブルハンドルでおおよそ80mm(シングルハンドルだと40mm)とアジングでは長く持て余す感覚だったそうな。

そこで、今回のシングルハンドルでは、以前にDLIVEの協力を得てクリアブルーがプロデュースしたスピニングシングルハンドル『 エアーステア33mm 』と同じコンセプトで、ハンドル長33mmのベイトフィネスハンドルを作製!

【AIR Stirエアーステア33mm】DLIVEとクリアブルーがコラボしたアジング特化カスタムショートハンドルに注目【驚異の9.4g超軽量化に成功】

手首を返す感覚でコンパクトにリトリーブ出来るハンドルに仕上げてもらったとのこと!

これによって驚くほど快適なリトリーブが可能に!

以上、クリアブルーから2022年10月登場予定の注目のSWベイトフィネス用シングルハンドルについてご紹介しました!

登場が楽しみです!

クリアブルー公式  ビーエフエアリー33mm詳細ページはこちら

クリアブルー(Clear Blue)

2015年設立。著名アジンガーとして知られる本岡 利將(もとおか・としまさ)さんが代表をつとめるアジング・メバリングを主体とするライトSWメーカー! 豊富な現場経験と知識、そして常に繰り返される現場テストからのフィードバックを元にした、こだわりのロッド、ルアーを開発・発表中。本社所在地は鹿児島県奄美市。