ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【浮かせて獲る!】「ウキウキパターン」対応のメガバス「ワンテンRハイフロート」に注目!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

新製品が続々登場中のメガバス。

今回はそろそろウィードが映えてくるタイミングで嬉しいルアー。

そう、「ワンテンR ハイフロート」をピックアップ!

そもそも「ワンテンR」とは、サトシンこと、メガバスプロスタッフ佐藤信治さんが惚れ込み、「ワンテン」をカスタマイズしたジャークベイト。キングオブジャークベイトと称された「ワンテン」独自のジャークアクションを継承しつつ、リトリーブ時はタイトなウォブンロールアクションを演出。クラス最高水準の飛距離を誇る、季節を問わず確実にリアクションバイトが引き出せる性能です。

出典:メガバス公式「ワンテンR」詳細ページ

今回登場する「ワンテンR ハイフロート」は、その名の通り「ワンテンR」に浮力をプラスしたジャークベイトになります。

スペック

Length Weight Type Hook メーカー希望小売価格
110mm 7/16oz. Floating #5 1,980 円(税別)

メガバス公式「ONETEN R Hi-FLOAT」の詳細ページはこちら

「ワンテンR ハイフロート」の性能

もともと、「ワンテンR」のボディは、オリジナルの「ワンテン」と比べてテール周りが太めで、浮力が少し高い構造になっています。「ワンテンRハイフロート」ではさらにウエイトを調整し、浮力を活かしたチューニングが施されています。

出典:YouTube「Megabass Channel」詳細ページ

アクションは「ワンテンR」を踏襲したナチュラル系のタイトウォブンロール。ジャークに関しても、浮力による水押しが強化され、キレのあるダートを生み出します。

ウキウキパターンにも対応

実は「ワンテンR ハイフロート」の開発は、佐藤さんが「ウキウキパターン」に対応するべく、チューンしたのがキッカケ。

「ウキウキパターン」とは、ウィードなど縦のストラクチャーについたバスをジャーキングで誘うテクニック。主にウィードやグラス上のオープン域で2ジャークして浮かすアクションが基本となります。

この「ウキウキパターン」は、ウィードやグラス以外のブッシュやリーズ、レイダウン、桟橋、岩場など様々なストラクチャーに効果的で、「ワンテンR ハイフロート」は他のルアーには出せない爆発力を秘めていたのだそう。

佐藤さん曰く、本当は秘密にしておきたかったとのことですが、多くのアングラーの笑顔がみたいプロガイド、佐藤信治だからこそリリースできたモデルといえるでしょう。

水中アクションの動画はこちら

出典:YouTube「Megabass Channel」詳細ページ

カラーラインナップ

WAGIN OIKAWA

WAGIN INDICATOR HASU

 

WAGIN SETSUKI AYU

GG PERCH OB

GG MOTSUGO

GG MEGABASS KINKURO

M POWER REACTION

KASUMI ITO

GP GILL

ITO-KINARI

MAT TIGER

FA GHOST WAKASAGI

ウィードも生い茂り、これから盛り上がるウキウキパターン。琵琶湖はもちろん、様々なフィールドで有効ですので是非チェックしてみてください。

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。