ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

O.S.P鈴木孝啓プロが教える!チヌが釣れるポイントの選び方!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
チヌゲーム特集

年々盛り上がるチニングゲーム。

河口や河川、堤防など身近なフィールドに生息するチヌ(クロダイ・キビレ)は、雑食性でルアーに対しても積極的にアタックしてくるため、ルアーゲームフィッシュとしても非常に人気の高いターゲット。ファイトもかなり強力なので、引きの強さも存分に味わうことができます。

東京湾や大阪の淀川など都市部付近にも多く生息するため、ルアーフィッシングを新たに始めたい方にもピッタリなターゲットといえるでしょう。そんな注目のチニングゲームですが、ただやみくもに狙っても簡単には釣れません。

今回は、O.S.Pプロスタッフ、鈴木孝啓(スズキタカヒロ)さんにチヌを狙うポイントについてお話を伺いました。

狙いドコロを見つけるだけで、チヌと出会えるチャンスがグッと増しますので、是非チェックしてみてください。

鈴木 孝啓(Takahiro Suzuki) プロフィール

静岡県・浜名湖をホームエリアとし、ボートシーバスをはじめ、チニングやメバリングをメインに、タイラバ、ジギングなど。ショアからオフショアまで幅広いジャンルを得意とするマルチアングラー。浜名湖で開催されている「浜名湖オープントーナメント」にも参戦中で、2019年には年間優勝を勝ち取っている実力者。浜名湖の釣りの魅力をより多くの人に伝える活動も積極的に行い、大会の企画や運営にも広く携わっている。
鈴木さんによる東京湾旧江戸川チニング動画はこちら

初場所で見るべきポイントについて

先日の東京湾の旧江戸川河口で行われたチニングロケ、実は鈴木さんにとっても初めての場所。

前日にフィールドを確認し、釣れそうなポイントを見つけ、狙うポイントを絞っていたのだそう。そして結果は、40cmほどの見事なチヌをGET!

鈴木さん曰く、ポイントの選び方は、潮の流れと地形の変化を見ること。初場所でもチヌがいる条件を見つけることで、効率よく狙うことができます。

グーグルマップなどで、ある程度、条件が重なるところで目星をつけていたのだそう。狙いをつけたのは、ベイトがたまりやすい河川の流れが当たるところ。川の流れの変化や、川幅が狭くなるようなポイントはベイトがたまりやすく、チヌも多く潜むとのこと。

特に潮の流れと河川の流れで反転流が起きるようなトコロや、橋脚などストラクチャーがあるポイントもオススメです。

水中の地形も橋の上などから見ることで、流れのヨレが分かるので、マップ等でエリアの全体像を見ておくのも重要です。

ポイントに入る前の事前準備も重要

事前準備で忘れてはならないのが、潮の満ち引き時間の確認。

河口付近は潮の満ち引きで、海からの潮の流れが入ってきたり、逆に河川の流れが強かったりと時間帯で大きく変化します。今回のロケでいえば、潮どまりの短時間の間にバイトが増えたり、周囲のアングラーの方も釣れ始めるなど地合いのタイミングがありました。マヅメなどのチャンスタイムはもちろん、こうした潮の満ち引きの時間帯は必ず確認しておきましょう。

また、ポイントを探す際はその場所が釣り出来る場所なのかも必ず確認しましょう。車で釣行の方は近隣の駐車場のチェックもお忘れなく!

河口エリアでチヌが好む4つの条件

①シャローエリアがあるところ

そして、チヌが好む条件ですが、一つはシャローエリアがあるところを探しましょう。

河川によっては整備されて足元から急に深くなるような場所もありますが、しっかりと浅瀬がある方がチャンスは多くなります。

②牡蠣瀬や岩などのストラクチャーがあるところ

二つ目は牡蠣瀬や岩などストラクチャーがあることも大きな条件になります。

ストラクチャー付近にはカニなどの甲殻類や、ハゼなどの小魚がつきやすく、ベイトが豊富になるためチヌのストックも多くなるといわれています。

③程よく濁りがあるところ

三つ目は、少し濁りがあるところ。濁りが入るとチヌの警戒心も緩まり釣果がUPします。

濁り具合によっては、チャート系など視認性が良いカラーを選ぶのも重要です。潮の満ち引きで濁り具合も変化するので、細かくカラーをローテーションしていくようにしましょう。

④ベイトがいるところ

四つ目が、ベイトの確認。

今回の旧江戸川ではボラの子(ハク)を中心に、ハゼ、カニ、フナムシの姿が多くみられました。ベイトにマッチしたルアーのチョイスも重要になるので、パターンや種類等もチェックしておきましょう。

今回のロケで選んだポイント

ロケでチヌを釣り上げたポイントの詳細はコチラ!

橋脚付近で、川幅が少し狭くなるでっぱりがあるエリア。ポイントに入った時は上げ潮で、河川と海の流れが当たり、でっぱりのところで反転流が発生するエリア。

出典:サーフライフ公式潮見表

前日の雨で、若干濁り気味で水温は少し低め。流れも若干早く、シンカーも10g・14gで地形を確認しながら探っていきます。ヒットした時刻は朝の7時を過ぎたあたり。ちょうど潮どまりから下げに切り替わったタイミングでした。

周囲の方も同時間帯でアタリがあったようで、鈴木さん曰く、ちょうど潮の動き出しで地合いに入ったのだろうとのことでした。

初めての場所でも、チヌが潜む条件を分析していけば、しっかり釣り上げることができます。また、今回使用したO.S.Pの「ドライブホッグSW」は喰わせに強く、タフな状況下やハイプレッシャーフィールドでもバイトを引き出す力を秘めています。

特にポイントを絞り込んで、狙う場合も非常にオススメです!

旧江戸川で釣りをしていた方のほとんどが、メタルバイブを使用していましたが、ローテーションとして「ドライブホッグSW」を使ったフリーリグや直リグで使用してみてはいかがでしょうか?

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。