ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「もりぞー」森浩平がフリーリグチニング! 初場所爆釣法を実演披露

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

フリーリグチニングの使い手として知られる、「もりぞー」こと、森 浩平さん。
「もりぞー」さんといえば淀川をホームグラウンドに年間2,000枚以上という圧倒的な釣果を残していていることが広く知られています!

森 浩平(Kohei Mori) プロフィール

愛称は"もりぞー"。大阪湾の淀川をホームグラウンドに、ベイトタックルスタイルで年間2,000枚を超えるチヌ・キビレを水揚げするチニングエキスパート。 デイ、ナイト問わず、チニングをメインにシーバスや季節の釣りを楽しんでいる。

さて、そんな「もりぞー」さんの最新テクを探るべく実釣ロケをお願いしようと思ったんだけど、「もりぞー」さん自身、これまで多くの撮影を行っているホームの淀川でロケをお願いするのも、面白くないなぁーと思って、ちょっと思案。

で、出した結論が、初場所でのロケ!
「もりぞー」さん自身が釣りをしたことのない初場所でロケを行って、淀川で圧倒的な釣果を残している「もりぞー」さんの釣りが、アウェーではどういった結果をもたらすのか? を試してもらうことにしたというわけ!

「もりぞー」さんにとって、初場所となる中海で実釣ロケを行うことに

で、最終的にロケ地として決まったのが、中海(なかうみ)【鳥取県・島根県】wikiはこちら

ロケ前に地元の釣具店のスタッフさんに教えてもらった中海の情報は以下の通り

・島根県と鳥取県の県境に位置する汽水湖(日本で5番目に大きい湖)
・干満の潮位差はほとんどない(通常10cm程度、最大30cm程度)
・フカセ釣りでのチヌ釣りは有名
・ルアーゲームで人気なのはシーバス、マゴチ
・ルアーチヌゲームは以前からコアな人はやっていたけど一般的ではない
・昨年2021年夏ぐらいからチニングをする人が少しずつ増加
・釣れるのはほぼマチヌで、よく釣れるサイズは35~40cm
・日中でチニングしてるとマゴチがけっこうな確率でまざる!
・チニング最盛期は8,9月
・チヌが釣れる場所の水深は岸沿いなら2m前後、沖は3-5m前後の水深が多い
・岸ギワは浅く、ゴロタ場が多く、沖は砂地エリアが多い。
・潮の流れがあまりないこともあり、海藻が映えているトコロが多め

「もりぞー」さん自身も、把握している情報は上記したモノぐらいで、プラなしブッツケ本番でロケ当日を迎えたというわけ!

さて、そんな流れで実施した中海でのロケ動画の模様はこちら

もりぞー森浩平の最新フリーリグチニング! 初場所での爆釣法を伝授

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

結果は、ロケ前半こそ、強風(1日中5-10mの爆風)や初場所把握に手間取ったものの、ある程度、シチュエーションを把握し迎えた夕方の時間帯には、連発劇を披露! 「もりぞー」さんが普段行っているフリーリグの釣りが、初場所の中海でもガッツリと通用! 効果を発揮したのでした!

今回のヒットルアーは、シルバーウルフ・アーバンクローラー2.5″およびシルバーウルフ・アーバンシュリンプ2.8″のフリーリグ。

白波が立つほどの強風が常に吹いていたため、シンカーのウエイトはほとんどが10.5gでした

それにしても、サイズのいいマチヌ、キレイな魚体のマチヌばかりでした!

あと、「もりぞー」さんはチヌ以外の魚も、フリーリグで色々仕留めていました!

中海実釣での使用タックル

ロッド:シルバーウルフAIR 76MLB-S [ダイワ]
リール:シルバーウルフ SV TW PEスペシャル 1000XH [ダイワ]
PEライン:磯センサーSS+Si 0.8号 [ダイワ]
リーダー:タフロングレイトZカスタム EX3.5号 1ヒロ弱 [ダイワ]

そんなわけで、「もりぞー」さんの濃密な最新フリーリグ攻めが収録されたロケ動画をぜひチェックしてみてくださいね!