ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

なんでも釣れる超万能ジグ!テイルウォークの「ヤミージグTG」に80gと100gが登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

2022年、バスロッドの「フルレンジ」のモデルチェンジや、バーサタイルロッド「クリムゾン」やショアキャスティングロッド「ライズシューター」など、数多くの注目アイテムが発表されたテイルウォーク。

目移りしてしまうような、アイテムばかりでしたが、中でもひそかに登場を待ち望んでいたのが「ヤミージグTG」の80gと100gの追加!

「ヤミージグTG」とは、ブレード付タングステンジグ。

これまでは30g・45g・60gの3種類の展開で、ショアジギングからオフショアのライトジギング、サワラのブレードキャスティングまで幅広く使えるジグとして人気を集めていました。

あまりの人気っぷりに、品薄で購入できない時期もあったほど。

記者もライトジギングで60gを使用していたのですが、とにかくいろいろな魚が釣れる! アジからカマス、サバ、ワカシ、ホウボウなどそのエリアに生息する魚であればなんでも狙えてしまう、超優秀ジグでした。

内心もっと重いウエイトが欲しいと感じていたので、80g・100gの登場を心待ちにしていました。

そしてついに、テイルウォークの公式ツイッターで入荷情報が告知されました!

 80gと100gはブレードがコロラドに

今回新たに追加された80g・100gは、これまでのモデルとブレード形状が異なります。

30~60gに関してはウィロー型に対し、80・100gはコロラド型に変化しています。

コロラドのブレードサイズは、全長17mmの極小サイズで、リーリングやジャークの際は、フラッシングと波動を発生。サワラキャスティングなどで多用される高速巻きにも対応しています。

昨年話題となった「ヤミージグTG」のサワラチューンではコロラドブレードが採用されていました

今回はすでにコロラドブレードが採用されているので、サワラキャスティングにもそのまま使うことができます。

そのほか、ボディのウエイトバランスやデザイン、フロントフック等は従来のモデルと同様になります。カラーに関しても共通です。

スペック

ウエイト(g) レングス(mm) 価格

(税別)

30g 56 1,700円
45g 65 1,900円
60g 68 2,100円
80g 74 2,700円
100g 80 3,200円

「ヤミージグTG」の重いウエイトは、登場時から要望が多く、ユーザーからの声が届いてできたサイズです。

タングステンはボディサイズも小さいので、フォールスピードが速いので、深場を狙ったライトジギングなどでも大いに活躍してくれます。ぜひ店頭で見かけた際はチェックしてみてください。

テイルウォーク公式「ヤミージグTG」詳細はこちら

また、2022年の夏にはタイジギング用の「YUMMY JIG TG TAI GAME TUNED」も登場予定です。こちらもぜひ楽しみに待ちましょう!

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。