ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ウワサの「ミドルゲーム」に最適!そして高コスパ!1本で守備範囲が広過ぎるショアソルトゲームロッド「リードビジョン」 に大注目

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

突然ですが「ミドルゲーム」って、ご存じでしょうか?

「ミドルゲーム」とは、瀬戸内エリアを中心にブレイク中のゲームフィッシングカテゴリー。

ライトゲームとヘビーゲームの間ということで、「ミドル」ゲームと名づけられたこの釣りですが、ライトゲームよりは少し重めのリグで、マダイ、キジハタ、クロダイ、良型メバル、シーバスなど様々な魚を狙うというもの。

確かにコレは、釣りの幅がグンと広がる魅力的なゲームですね。

実際には、どんなタックルで、どんな感じで楽しむのでしょう??

そんな気になる「ミドルゲーム」ですが、この度、ゲームフィッシングブランド「SLASH」のアドバイザー齋藤豊治氏が、富山湾エリアでこの「ミドルゲーム」を楽しむ動画が公開されました。

それがコチラ

動画の内容を、少し紹介します。

SLASH的には「ライトゲーム以上ショアジギング未満」という表現をしている「ミドルゲーム」、まずは良型のメバルを想定して小型ミノーで探ります。

そして,小型ミノーをキャストしているタックルのまま、今度は1.5gジグヘッドリグに変えてキャスト。

軽量JHリグで、ムラソイ、カサゴがドンドン釣れます

さらに良型のメバルもヒット!

富山湾の春の風物詩「ホタルイカ」パターンを探るべく、ホタルイカ系ルアーで表層を攻め、良型メバルが登場

1.5gのジグヘッドリグで、この野太いシーバスもキャッチ!

ムラソイ、メバル、ガシラ(カサゴ)、ウグイ、シーバスと、1つのタックルで次々と釣りマクる、「コレぞ、ミドルゲームの魅力」という釣果を披露してくれています。

「ミドルゲーム」に最適なロッドって?

「ミドルゲーム」では、狙うターゲットがかなり幅広く、それにともなって使うルアーやリグにも、かなりの幅広さが求められます。

それに対してタックルを複数用意して対応するのもよいのですが、ラン&ガンすることも考えると、できたら1本のタックルで対応していきたいもの……つまり、ロッド選びが、かなり重要になってきます。

今回の動画で、齋藤氏が使用しているロッドは、自身で監修した「LEAD VISION(リードビジョン) LV-832TB」というメバリングロッドでした。

「LEAD VISION LV-832TB」は、メバリングロッドシリーズ「リードビジョン」の中でも、パワーのあるモデル。

ITEM Length(cm) Section Weight(g) Close(cm) Lure-Wt(g) Line-Wt(PE) Price(税抜)
LEV-832TB 251 2 111 130 3~14 0.4~1.0 ¥18,500

尺クラスのメバルなど、大型のライトゲームターゲットから、クロダイ、ロックフィッシュ、シーバスなど、ライトゲームタックルでは厳しい重量のあるターゲットでも、いなして獲れるトルクのあるブランクが特徴です。

そして最大の特徴は、1gのジグ単(ジグヘッドリグ)から、10gを超えるルアーまでを心地よく使いこなせること。

守備範囲の広さは、バツグン!まさに「ミドルゲーム」に最適なロッドとなっています。

これからドンドン進化していきそうな「ミドルゲーム」ですが、前述の通り、狙うターゲットの幅広さ、そしてそれにともなって使うルアーの幅広さが求められることから、ロッド選びが重要になってきます。

今回紹介した「リードビジョンLV-832TB」は、価格帯的にも「ミドルゲーム」にエントリーにも最適。

かなりハイコスパのロッドですので、ぜひ、チェックしてみてください。