ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャッカル新世代アングラー金井 光輝が解説する「大阪湾ショアジギングのルアーローテテク」

連載:ジャッカルソルト
寄稿:金井 光輝
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは! 大阪湾ショアジギングをメインに活動している金井 光輝です。

金井 光輝(KOUKI KANAI) プロフィール

JACKALLモニター。ホームフィールドである大阪湾での年間釣行数は300日以上で、SNSにアップされる釣果も桁違いの実力者。大阪湾で日々青物を狙い続ける新世代アングラー。

暖かい夏がやってきてショアジギングもハイシーズンを迎えています!     という訳で今回は、僕のメインフィールドである大阪湾ショアジギングでのルアーローテーションを紹介したいと思います。

朝イチはハイアピールで

青物のゴールデンタイム、朝マズメですね!

朝マズメはベイトを追って、食い気のある魚が表層にうろうろしていることが多いです。特に光量の少ない時間帯は見切られにくく、側線でベイトの居場所をキャッチする青物に対して、ただ巻きで水を大きく動かしてアピール出来る「 ビッグバッカー湾岸ミノー(128S-LB)」がおすすめです。

ビッグバッカー湾岸ミノー

Name Length weight type Hook Size Price(税込価格)
BIG BACKER WANGAN MINNOW 98S-LB 98mm 21.0g Sinking #4 ¥1,925
BIG BACKER WANGAN MINNOW 128S-LB 128mm 27.2g Sinking #4 ¥2,090

ジャッカル公式「ビッグバッカー湾岸ミノー」の詳細ページはコチラ

水深2m程を潜りロングビルリップで大きく水を動かしてくれます。

さらに、スリムボディのためマイワシパターンのみならず、カタクチパターンまで対応してくれるので、秋のカタクチとマイワシパターンが混在する11月後半から12後半に向けては外せないルアーです。

朝イチは足元まで回遊してくることもあるので堤防のギリギリまで引けるのも大きな魅力ですね!

朝マズメが終わったらリアクションで

朝マズメが終わるとミノーだと見切られて反応がなくなることもあると思います。そんな時に超早巻きできる「ビッグバッカー(107)」の超高速巻きがおすすめです。

ビッグバッカー

ベイトのカタクチイワシとサイズ感もピッタリ

Name Length Weight Type Hook Price(税込価格)
BIG BACKER 107 107mm 27g Sinking #8 ¥1,331
BIG BACKER 107H.W 107mm 35g Sinking #8 ¥1,331
BIG BACKER 80 82mm 25.5g Sinking #8 ¥1,265
BIG BACKER 128 128mm 44g Sinking #4 ¥1,518

ジャッカル公式「ビッグバッカー」の詳細ページはコチラ

使い方は投げて腕がパンパンになるくらい早巻きです。いくら早く巻いても青物より早く巻くことはできませんから(笑)。

基本表層早巻きで反応がなければ、3カウントずつ下げていく使い方で僕は使っています。

大阪湾エリアだとそれほど水深のあるエリアが多くないので、27gの「ビッグバッカー(107)」がおすすめです。

完全に陽が昇ってからは沖のボトム狙い

朝まずめは、ベイトを追いに接岸してくるので堤防から狙いやすい距離にいることが多く、陽が昇るとベイトが抜けて青物も沖に行ってしまうのですが、更に光量が多くなるとベイトは、水面では外敵に見つかりやすくなるので、ボトムに移動してしまいます。

そんな時にオススメなのが、よく飛んで沖を狙える+ボトムを狙えるルアー「ビッグバッカージグ」です。

ビッグバッカージグ

Name Length Weight Type Hook Price(税込価格)
BIG BACKER JIG 10g 42mm 10g Sinking #12(リア) ¥605
BIG BACKER JIG 15g 47mm 15g Sinking #10(リア) ¥671
BIG BACKER JIG 20g 54mm 20g Sinking #6(リア) ¥704
BIG BACKER JIG 30g 62mm 30g Sinking #6(リア) ¥759
BIG BACKER JIG 40g 68mm 40g Sinking #5(リア) ¥814
BIG BACKER JIG 60g 78mm 60g Sinking #5(リア) ¥902

ジャッカル公式「ビッグバッカージグ」の詳細ページはコチラ

超後方重心ジグでよく飛び、更に沈下スピードも速く沖のボトム狙いにピッタリです。

アクションの仕方としては、「キャスト後ボトムを取る」→「5シャクリ」→「またボトムまで落とす」の繰り返しでボトム中心を狙っていきます。

この狙い方なのですが、陽が昇ってから効果的なのと、11月後半〜12月後半までの低水温時にもよく効く釣り方です。

大阪湾だと「ビッグバッカー(107)」同様、水深が浅いところが多いので30g〜40gがおすすめです。

こんな感じでビッグバッカーシリーズで大阪湾の青物をよりテクニカルに釣ってみましょう!