ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【決まれピン撃ち、届け飛距離】ベイトキャスターのパフォーマンスが向上「Fishman夏用5フィンガーレスグローブ」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

「夏でもグローブ」

グリップが効きキャストしやすい、握力が増す…など、着用することで様々なメリットがあるため、夏場の着用も定着してきた「グローブ」。

様々なグローブが展開されるなか、ひと際コンセプトが立ったアイテムがある。

ベイトロッド専門メーカーが作ったベイトキャスター専用グローブ「Fishman 夏用5フィンガーレスグローブ」。ベイトキャスター必見のその特長に迫る。

夏用5フィンガーレスグローブ

夏用5フィンガーレスグローブ」は、ベイトロッド専門メーカーのフィッシュマンらしく、ベイトロッドユーザーに特化して作られたグローブ。

サイズ カラー 税別価格
S/M/L/XL/XXL ブラック/グレー/オレンジ/ブルー ブラック:3,500円・グレー/オレンジ/ブルー:3,700円

フィッシュマン公式「夏用5フィンガーレスグローブ(ブラック)夏用5フィンガーレスグローブ(グレー/オレンジ/ブルー)」詳細ページ

…ないから作った

代表の赤塚ケンイチ氏いわく、グローブを着用することで、グリップが効きキャストしやすい、握力が増す、虫に刺されにくい、日焼け対策などのメリットがあると。

出典:YouTubeチャンネル「Fishman」

ただ、既存のグローブはベイトキャスターに特化したものがなく、劣化が早く擦り切れてしまう。しかも、気に入ったモデルが再生産されることが少なく2度と手に入らなくなってしまうことが多い。それがキッカケで開発するにいたった。これが開発のキッカケと語る。

出典:YouTubeチャンネル「Fishman」

ベイトキャスターに特化した特長

海外遠征も多い赤塚氏、過酷な約40℃の灼熱環境下でもテストを繰り返し完成した「夏用5フィンガーレスグローブ」。

そのポイントは3つ。

①:ベイトキャスター専用補強

常にリールと接触している手のひら部やスプールを抑え込む親指部、リールシート・グリップと接触する小指の付け根部といった、ベイトキャスティング時に特に負担がかかる部分を補強

②:快適設計

夏に着用するグローブだから夏用グローブ。蒸れずに快適に着用するため、生地には吸水速乾素材を採用。さらに、手のひら部には無数のパンチ穴があけられており、湿気を逃がす設計になっている点も特長的。

また、手首部が長く作られているので、虫対策や紫外線対策も◎

出典:YouTubeチャンネル「Fishman」

③:幅広いサイズ設定

S/M/L/XL/XXLという幅広いラインナップで、ユニセックスで使えるグローブに仕上がっています。

ラインナップ

どんなウェアにも合わせやすいシンプルなデザインから、民族衣装に使われているトライバル文様と北海道の先住民族アイヌの文様にインスピレーションを受けたというアミュレットデザインまで、デザインは選べる全4パターン展開。

ブラック

グレー

オレンジ

ブルー

既存のグローブに無いなら作ればいいという、フィッシュマンらしいグローブ。これで、いつもよりピン撃ちが決まり、遠くのポイントを撃ち抜ける…かも。

Fishman

「ゼロバックラッシュ」「飛距離」「高精度ピンスポット撃ち」を追求したベイトロッド専門メーカー。 怪魚ハンターとしても知られる赤塚ケンイチ氏が代表を務め、同氏の豊富な経験がフィードバックされたロッドは、繊細な渓流から秘境のモンスターまでさまざまなスタイルに対応するラインナップ。