ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【怪力無双なモバイルロッド】どこへでも連れていけるパワフル系「ナマゾンモバイリー」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

怪力無双なモバイリー。モバイルロッドでありながら、超パワフルでへたらないロッドが「ナマゾンモバイリー」。

動画もチェック

出典:YouTube「tail walk」

その名にナマゾンが付くことから、ナマズゲームとしての使用はもちろん前提にあるんだけれど、それだけじゃなくて。

もともとナマゾンがそうだったように、バス、ボートシーバス、ボートロックフィッシュ、さらには青物、そして国内外問わず、バラマンディやピーコックバス、タイメン、ドラドにガンユイなどのパワフル怪魚たちをもねじ伏せるパワーを持つ。

ナマゾンのマルチピース化したものがナマゾンモバイリーとなるわけですが、マルチピースのメリットを活かし、セクションごとに最適なパワーを持たせたのが特徴。

△専用セミハードケースが付属。携行性ももちろん高い

特にバットセクションのパワーをさらにワンランクアップさせていて、モバイルだけれど強靭。それでいて、ロッド全体として見た時は「曲がり」を意識した作りに。

ルアーウエイトを乗せて投げる、魚の引きを曲げてタメながらバットパワーで寄せられる。また、ティップセクションにしなやかさも持たせることで操作感も高めており、このあたりもナマゾンをモバイルにしたというよりは、モバイルだからできたナマゾンの進化系ともいえる仕上がり。

トップセクションまでXラッピング

カーボンシートをバイアス構造で締めあげ、ブレを軽減するXラッピングをトップセクションまで採用し、さまざまなモンスターとのファイトも安心。

ステンフレーム・SiCリング

また、ベイト・スピニングともにガイドはステンレスフレームSiCリング。ベイトキャスティングモデルにおいてはオールダブルフットで軽さも求めLKWシリーズを搭載。

ガイド径に関しても太糸を想定し、大きめのリング径となっています。

大型リールも想定したリールシート

また、リールシートはベイトモデルがTCS、スピニングモデルはDPS。いずれも大型リールの装着をも想定した仕様となっています。

グリップエンドにラバーコーティング

また全機種リアグリップにラバーコーティングを施し、ダブルハンドでのキャスト時やファイト時などの余計な滑りを防ぐ仕様。

仕舞寸法48~58cm

ベイトは4機種、スピニングは3機種の全7機種、その仕舞寸法は48~58cmと超コンパクト!国内外問わず、どこへでも!

ベイトモデルのスペック

モデル レングス(ft.in) 継数 仕舞寸法(cm) ロッド自重(g) ルアーウエイト(oz) 適合ライン(lb) 価格(税抜き)
C584MH 5.8 4 48 150 3/16-1.5 10-20 21,000円
C674MH 6.7 4 55 170 3/16-2 10-25 22,000円
C684H 6.8 4 56 185 3/16-2.5 10-30 23,000円
C584XH 5.8 4 48 175 1/4-4 12-35 22,000円
スピニングモデルのスペック

モデル レングス(ft.in) 継数 仕舞寸法(cm) ロッド自重(g) ルアーウエイト(oz) 適合ライン(lb) 価格(税抜き)
S684MH 6.8 4 56 160 3/16-1.5 10-20 22,000円
S775MH 7.7 5 52 190 3/16-1.5 10-20 24,500円
S704H 7 4 58 170 1/4-2 10-25 24,500円

使い方は自由だ!!

もちろんナマズもOK、けれども重量級ファイターも相手にできちゃう。あえて、ここでは各機種の対象魚を限定しませんが、トップウォーターで、ジャークベイトで、はたまたライトリグでとさまざまなルアーに対応する幅広さも魅力。

アウトバックもそうだけれど、テイルウォークのモバイルロッドは近年ますます魅力的になってきているのは気のせい?

気分のままに、旅先で、ナマゾンモバイリーで記録級の魚を狙ってみては?

テイルウォーク公式ナマゾンモバイリー詳細ページはこちら

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。