ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【啄むようなアタリを深いバイトに】登場間近!「豆アジ専用設計NEWアイテム3種」を徹底解説

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さん! こんにちは。P!NKOです。

6月に入りましたが、これから迎える初夏から夏にかけて、いよいよ面白くなる「豆アジング」。良く耳にするフレーズですよね。夏休みなどで、ファミリーフィッシングの定番であるサビキ釣りで沢山釣れる豆アジ。大きさは約10cmにも満たないサイズで、南蛮漬けにもってこいな豆アジをワザワザ小難しくワームで狙うというのが豆アジング。好奇心旺盛な豆アジは2inや3inのワームにも果敢にアタックしてくるのですが、アタリに対してアワセを入れても中々、口元に掛からない悶絶必至のゲームとして根強いファンがいることでも有名ですよね。

さて! 今回紹介するのはアクアウェーブの新製品! 豆アジングにフォーカスして作成された、10cmクラスの豆アジ専用のジグヘッド&ワームがいよいよリリースとなります。

P!NKO(pinko) プロフィール

博多湾奥アジミーティングの首謀者。OLYMPICフィールドテスター。Aqua Waveフィールドテスター。

啄むようなアタリを深いバイトに、豆アジ専用設計NEWアイテム

そんなに小さくしなくても豆アジは釣れるよ。

豆アジングをやり込んでいる方からするとそう感じられる方が多いかもしれません。ただ、普段からアジングをしていて少し豆アジを狙ってみようという方や、これからアジングを始めようとしている方が豆アジを狙うとなると、通常のアジングで使用するリグでは、豆アジを掛けることは難易度の高いゲームになります。

豆アジのアタリはワームのテールのみを啄むようなアタリが多く、このタイミングでアワセをいれても当然口元に掛かりません。豆アジがジグヘッドごと食い込んだ際にアワセを入れてやる必要があります。このアタリの質の見極めは経験を積むしかないと思います。

そんなマニアックなゲームですが、啄むようなアタリをより深いバイトに持ち込めるリグがあれば、効率良くアワセを入れていくことができると思いませんか? それらを可能にするアイテムが豆アジ専用設計ジグヘッド「A.W.ナンバンヘッド」と豆アジ専用設計ワーム「アジピンピン」、「アジペンペン」です。

A.W.ナンバンヘッド

上側:アジピンピン 下側:アジペンペン

極小! オープンゲイプの採用で僅かなアタリが鮮明に分かる

異常とも思えるような最小サイズのジグヘッド。フック形状はややオープンゲイプを採用して僅かなアタリでもシグナルを感じることができます。また鉛の形状にもこだわり、スローフォールを演出する下部の潮受け用くぼみを搭載しました。小さなワームとセットにすることによって、バランスの取れたフォールを実現するウエイトバランスに調整。

アジペンペンとアジピンピンについて

「A.W.ナンバンヘッド」にセットするワームは前途した通り2種類。パドルテールタイプの「アジペンペン」と、ピンテールタイプの「アジピンピン」です。まず、「アジペンペン」についてですが、サイズが1.4inの極小サイズのパドルテールワーム。ボディに深いリブをビッシリ搭載し、アンダー1gでの操作性に貢献してくれます。薄いテールでスローなフォールでアジにアピールが可能です。「アジピンピン」は引き抵抗の感じやすさにフォーカスし、潮を掴んでくれるサイドリブを鋭角に搭載した1.2inサイズの極小ピンテールタイプ。これにより、潮に乗せてドリフトさせたり、サビくタイプの操作で真価を発揮します。

両ワームの使い分けについて

主な使い分けとしては、「アジペンペン」で豆アジがいる場所を探し、喰わせの切り札として「アジピンピン」を投入することで上手く豆アジを攻略することができます。豆アジングはアタリが多く、スキルアップのためのゲームとしても有効だと感じています。わたし自身、アジングを始めたきっかけはこの豆アジングでした。

当時は豆アジ専用設計のワームは少なく、アタリがあるけど掛けきれない…、という悔しい思いをし、納得が行くまで海へ行きました。こんなアイテムがあれば、もっと楽に豆アジを掛けれるのに…。今回のアイテムは、その想いへのアンサーとなる豆アジ専用設計。テストに次ぐテストを重ね、納得のいくアイテムに仕上がりました。まもなくリリース、是非お見かけした際は一度手に取っていただいて試してみてください。

AquaWave(アクアウェーブ)

兵庫県三木市を拠点とするソルトウォータールアー専門ブランド! アジング、メバリング、タチウオゲームなどのワーム、プラグ、ジグヘッドなどを主体に現場密着系アイテムを続々と輩出中!