ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【細いラインを選ぶ/性質をシッカリ把握】家邊克己が解説「エステルラインがアジングに相応しい理由」

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

今回も引き続き入門シリーズについてお話したいと思います。第3回はライン(釣り糸)についてです。ラインの素材であったりアジングで使うのに相応しい種類や号数、リーダーのセレクトなど…。基本的な知識をお伝えしようと思います。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

エステルラインの使用がオススメ

ラインは釣りをする上で、魚と釣り人を繋ぐ重要パーツ。

釣具屋さんでラインコーナーに行っていただくと様々な素材のラインが並んでいることに驚かれると思います。フロロカーボンライン、PEライン、ナイロンライン、そしてエステルラインなどがあります。それぞれ、素材的な特性があり、釣りの種類によってそれらの素材を使い分けているのですが、アジングにおいて、数ある種類の中から「エステルライン」を使っていただくことをオススメしています。

ピンキー

サーティフォー公式「ピンキー」詳細ページはこちら

エステルラインを使用する理由

エステルラインの特長としては「伸びがない」ことが挙げられます。

アジの繊細なアタリを掛けるには伸びがあるとアワセが遅れてしまい、中々アジが釣れなくなってしまいます。ナイロンラインは伸びやすい素材なのでその点から選びません。フロロカーボンラインは一般的に伸びにくい素材だと言われていますが、アジングで使用するような細い号数のモノになってしまうとやはり伸びてしまいます。

PEラインは全く伸びない上に感度も良いので、アジングにはピッタリのようにも思えますが、風の影響を非常に受けやすく、さらに水に浮いてしまうため、アジングで主流の1g以下のジグヘッドだとカナリ釣りにくいことがあります。このような理由から我々はエステルラインをアジングを始められる方にオススメしているわけです。

エステルラインが弱いと誤解されている理由

エステルラインを使用する上で、1つ理解しておいていただきたいことがあります。それは先程述べたエステルの伸びないという性質上「エステルは弱い」と勘違いされガチです。どの素材のラインでも何gの負荷が掛かると切れるのかが記載されているのですが、例えば500gで切れると記載されている場合、エステルラインは500gまでは何の変化もなく、500gの負荷になった瞬間切れます。これが伸びのあるナイロンやフロロカーボンだと400gぐらいから伸び始めます。そして500gに達したところで切れます。切れているのは同じ500gなのですが、伸びている分「粘っている」ように見えてしまい、「エステル=弱い」という誤解をしてしまいガチです。

あくまで切れ方が違うだけなので、エステルが決して弱い訳ではありません。安心してエステルラインを使用してみてください。

必ずリーダーをセットする

ただ、エステルラインを使う際に気をつけていただきたいことがあります。それは「リーダー」を使用することです。伸びがない特性上、急激な力が加わるとラインブレイクが起きますので、それを防ぐため、先端に30cmほどフロロカーボンラインを結びます。これをショックリーダーと呼びます。アワセ切れを防ぐためにも必ずリーダーはセットするようにしてください。

サーティフォー公式「ジョイントライン」詳細ページはこちら

なるべく細いラインを選ぶ

ラインを選ぶ際は太さにも注意が必要です。初心者の方ほど切れることを恐れて太い号数を選んでしまいガチです。しかし、ラインを太くすると飛距離もでませんし風の影響をうけてしまったり難易度が上がってしまいます。

そもそも釣れた時に切れるのを恐れて太くされているのに、そのせいで釣れなくなってしまっては本末転倒です。太い糸で魚を釣るよりも、細い糸で切れないように釣りをする方が簡単です。ですので、初心者の方こそ細いラインを使用されることをオススメします。具体的には号数としてエステルラインは0.25号、リーダーのフロロカーボンラインが0.8号ほどあれば安心してアジングを楽しめると思います。

おろそかにされがちなラインですが、選択を誤ると一気に釣りの難易度が上がってしまうので、シッカリとアジングに適したものを選ぶようにしてみてください。最後に以下の動画でもラインセレクトについて解説していますので、ご一緒にご覧いただけると幸いです。

出典:YouTubeチャンネル「THIRTY34FOUR」

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい