ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バスもアングラーも虜にする悪魔的ルアー!ティムコの「プロップペッパー」に新色が登場予定!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

6月に入り、バスもアフタースポーニングに移行しはじめる時期になりました。

初夏から夏にかけて活躍するルアーといえばプロップベイト。なかでも高い実釣力を誇るのがティムコの「プロップペッパー」

出典:ティムコ公式「プロップペッパー」詳細ページ

昨年も悪魔的に釣れる!と大いに話題を呼んだルアーでしたが、2022年7月に新色が追加されます。

SNSでは連日釣果が報告されるなど、その釣れっぷりは周知の事実。

すでに一部では売り切れになるなど、新色の発売を心待ちにしている方も多いかと思います。

追加されるカラーは4色

436マットファイヤータイガー

438SFクリア

439ボーンマットブラック

437ボーンオレンジベリー

追加されるカラーは4色。

クリアフィールドに使いたいクリアカラーやマッディやシルエットを強調したいときに活躍するブラックやボーン、ギル系ベイトに強いタイガーなどいろいろ楽しみなラインナップになります。

スペック

全長:100mm
ウエイト:16g
本体価格:1,958円(税込)

ティムコ公式プロップペッパー詳細ページはこちら 

プロップペッパーの性能について

最後に簡単にプロップペッパーの性能についてご紹介!

プロップペッパーがなぜここまで釣れるのか、その秘密は2カ所に設置されたステンレス製プロップ。

搭載されているプロップは、「ヒヨコブランド」のプロップテクノロジーPAT.が採用されたオリジナルモデル。

回転するとともにランダムな水流とマイクロピッチ波動を発生させ、バスが狂ったようにバイトしてきます。そのバイトは同じプロップ系でも大きく異なり、頭から本気食いをしてきます。そのためもあってか、リアにはフックが設置していません。

ティムコスタッフの大津さん曰く、プロップペッパーは100mmというサイズでありながら20cmサイズの小バスでもバイトしてくるのだとか。

基本操作もタダ巻きでOK。手軽に迫力あるバイトが楽しめる、まさに悪魔的な性能です。

出典:YouTubeチャンネル「Tiemco Bass Fishing JP / ティムコ バスフィッシング」詳細ページ

上記の動画の冒頭シーンでもその釣れっぷりが分かります。

かくいう記者も、大津さんに言われるがまま使用したのですが、驚異的なバイトシーンに度肝を抜かれたのを覚えています。

アングラーもバスも虜にする魅力的なルアー、それが「プロップペッパー」です!

ぜひ、新色含め、店頭で見かけた際はチェックしてみてください!

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。