ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ロッド&リール】家邊克己が解説「アジングの道具選びで最も重要なパーツとは?」

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

前回、アジングとはどのような釣りなのかについて紹介しました。そこで、今回はアジングで大切な道具であるロッドとそれにセットするリールについて、少しお伝えしていこうと思います。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

アジングの道具選びで最も重要なパーツとは?

アジングを行うにあたって、どの道具が一番大切なのかと聞かれたら「ロッドです」と答えます。新しくアジングを始める場合、一式道具を揃える必要がありますが、誰にも予算があると思います。

その予算の割り振りのバランスをどうするか考えた場合、1番かけるべきはロッドだと思います。なぜならロッドがアジングに特化したものでない場合、釣りにならないからです。

アジングで使用するルアーはとても小さなものです。そのルアーをきちんと投げることができ、さらに水中でそのルアーの存在を感じ取る必要があります。さらに小さなアタリや潮の流れの変化なども手元に伝わってこないとアジは釣れません。

アジングロッドでは高弾性カーボンという素材が使われています。高弾性カーボンを使用することで感度が良くなり、振動が手元に情報として伝わってきます。他の釣りで使用されるような低弾性のカーボンだとアジングが成立しません。ですので、アジングを始められる方は必ずアジング専用のロッドをご購入されることをオススメします。

リールに関しては1000番や500番などの小型スピニングリールでOK

逆にリールに関してはそこまでハイエンドのものである必要はありません。

サイズが1000番や500番と言われる小さなサイズのものを使ってもらえれば問題ありません。なぜ小さいリールが良いのかの詳しい解説は以下の動画を見てもらえればご理解いただけるかと思います。

出典:YouTubeチャンネル「THIRTY34FOUR」

ドラグと呼ばれる糸が引っ張られた際に糸が出る機構も絶対に必要なのですが、ハイエンドリールでもエントリークラスのリールでも基本的な構造は変わりません。「大事なのは重量です」。ご使用されるロッドとのバランスが大切です。

ロッドにリールをつけた状態で握っていただいて、人差し指の辺りに重心が来るような状態が理想的なバランスです。

最近のハイエンドクラスのリールはどんどん軽くなっている傾向にありますが、もしロッドど合わせた場合のバランスが悪ければ使いにくくなります。

この辺りはどのロッドを使用するかによって変わってしまうので一概には言えませんが、釣具屋さんでご購入されるときにはぜひバランスについても注意してみてください。ロッドもリールも一度購入してしまえば長く使えるものですので、ぜひ自分に合ったものを選んでみてください。

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい