ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【再現性があるから面白い】YouTubeではビギナー向けの動画も作成中!家邊克己が初心者に向けてアジングの魅力を紹介

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

最近はやっと釣具屋さんなどでもイベントが開催できるようになり、直接皆さんとお会いする機会が増えてきました。

皆さんのお話を聞いていて、感じているのが初心者の方が増えてきているということです。これまでも新しくアジングを始められる方が増えていることは感じていましたが、直接お話を聞くとよりそのことを実感します。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

YouTubeでも初心者向けの最新コンテンツを作成中!

YouTubeの方でも初心者入門の内容はいくつかアップしているのですが、改めて最新版の入門動画を作成しています。なるべくこれまで釣りをしたことのない人にも、分かりやすいように専門用語の解説なども交えながら説明しています。

最初の動画では、そもそもアジングがどんな釣りなのかを解説しています。

【34のアジングHow to】アジングってどんな釣りなの?【アジング入門講座#1】

出典:YouTubeチャンネル「THIRTY34FOUR」

アジングというのはエサではなく、ルアーと呼ばれる疑似餌でアジを狙う釣りのことです。その中でも僕が提唱しているのはジグヘッドと呼ばれるオモリと針が一体化したものに、ワームという塩化ビニール製の柔らかいルアーをセットしたものを用いる、いわゆる「ジグ単(ジグヘッド単体の略)」の釣りです。

最近は軽量化が進み、1gにも満たないジグヘッドを使うのが基本です。そのような小さくて軽いルアーを使ってアジを狙う釣りがアジングと言います。エサが必要ないということは思い立った時に釣りができるという訳です。

仕事終わりにフラッと釣りに出かけることもできます。とても気軽で身近な釣りなのです。しかも、アジは全国どこでもいます。釣りをしたいと思っても対象となる魚がいなければ始まりません。

漁港や堤防など、釣り禁止でない場所であれば色々な所でアジングを楽しむことができます。

ボートアジングと呼ばれるボートに乗って沖に出る釣りも楽しめます。特に大きなアジを狙うなら、ボートアジングはオススメです。

アジングは再現性がある釣り

アジングの魅力はたくさんあるのですが、一番大きいのは「再現性がある」ことです。

釣れた理由を考えて、こうだから釣れたんだというイメージがぴったりハマれば同じ釣り方で釣れ続きます。

考えて釣りが成立する」というのはとても面白い要素です。他の釣りでは中々こうは行きません。僕自身色々な釣りをしてきましたが、こんな釣りはアジング以外に中々ありません。ぜひ興味のある方はアジングを始めてみてはいかがでしょうか? きっとハマると思いますよ。

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい