ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ロックフィッシュ専用クランクベイト】広いボトムレンジを素早く攻略!アクアウェーブ「ミヤビス45DR」をハタ系が狙えるこれからの季節に

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

夏に向けて盛り上がってくるルアージャンルも色々。

そんな中でも面白くなる釣りの1つと言えば、ハタ系をメインターゲットとした「ロックフィッシュゲーム」。基本的には、ジグヘッドやテキサスリグ、最近ではフリーリグなども多用されている方も多いとは思いますが、最近ジワッと流行りつつあるメソッドがクランクベイト攻め! 居場所を特定している場合であればワームの釣りも有効ですが、初場所のランガンやターゲットが散っているような状況では、スピーディーにサーチできるクランクベイトが正に効果的。しかも釣れるとデカイ! という、ハードルアーならではのメリットを体感できるメソッドです。そんな、ロックフィッシュゲームのクランクベイト攻めに相応しい、こちらのアイテム…、ご存知でしょうか?

MIYABIS 45DR (ミヤビス)【アクアウェーブ】

ロックフィッシュ特化型クランクベイト「ミヤビス45DR」を今回は紹介していきたいと思います! ショアからの使用を前提に、作成されたギミックが詰まりマクリなコダワリ仕様! まずは実物をご覧になってみてください。

MIYABIS 45DR : 45mm / 7.4g / ¥1,320(税込)

アクアウェーブ公式「ミヤビス45DR」詳細ページはこちら

ブツのイジり映像や解説動画もチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

ボトムレンジを広く攻略!実現できる理由とは?

ロックフィッシュ専用クランクベイト。

そもそもクランクベイトってバスフィッシングで多用されていることはご存知だと思いますが、こちらはどういった箇所が異なっているのか? 最も大きなポイントは、リトリーブと共に急潜行するというトコロ。着水点から素早くボトムへ到達し、足元までの広いボトムレンジを広く攻略することが可能になっています。では何故、そういったことを実現できるのか? それは以下の通り、リップに直接ウエイトが内蔵されているからです。

ウエイトがリップに内蔵されていることによって、水中でルアーが前傾姿勢になり、素早くボトムレンジへ到達! さらにリアフックがボトムから離れることで、根掛かり回避能力にも長けています。リップも絶妙な長さに設計、フロントフックが障害物に干渉することも同時に防ぎます。

さらに! ステイからライズアップなど、アクションへの移行も超スムーズ! ウエイト内蔵型のリップによってこれだけのメリットを生み出してくれる「ミヤビス45DR」。今シーズンも早く投入したい!

泳ぎは強いブリブリ系! スローでもシッカリ泳ぐ

泳ぎに関しては強めのウォブリングアクション。

急速潜行でも姿勢を崩すことなく、真っすぐ突き進んでくれて、潜行深度は3m+。スローリトリーブでは強いウォブリングアクションを維持した状態でシッカリ泳いでくれますよ!

操作方法や狙う場所について

では、そんな「ミヤビス45DR」。どういった場所を狙ってどういう風に使えば良いのか? そちらも解説していきたいと思います!

リップラップ周辺がアツイ!

狙う場所としてオススメなのはリップラップエリア。

ルアーが潜る3m程度の水深をメインにランガンしていくアプローチが有効です。広くサーチすることで根魚の溜まっているポイントであったり地形変化などを探ることができます。キャスト方向は敷石に沿うように斜め45°。「ミヤビス45DR」がボトムに付くギリギリの状態を保ちながら巻くと魚からのバイトが多いですよ!

タダ巻きもしくはズル引きがオススメ!

操作方法はスローなタダ巻きが基本。

また、タダ巻きと併用しながら、ルアーをボトムに到達させてロッドを縦にサビきながらのズル引きも有効です。ぜひ試してみてくださいね。

1 / 2
次へ