ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【低価格なのにクオリティ高ッ!】大注目ライトゲームロッド「サイレントビジョン」1万円台前半とは思えないコダワリと各モデルの使い分け等を徹底紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

アジ、メバル、サバ、カサゴ(ガシラ)、カマス、メッキ、キス、ヒイカなどなど、堤防などオカッパリでいろいろなターゲットと遊べるライトゲームが大人気ですね。

ここでは、そんなライトゲーム関連の大大大注目のアイテムを紹介します。

お求めになりやすい価格ながら、「おお!」っという良品質のアイテムが多いゲームフィッシング界の無印良品的ブランド「SLASH〜スラッシュ〜」から、ウルトラハイコスパ!なライトゲームロッド「サイレントビジョン」が、まもなく登場します。

この「サイレントビジョン」、実際に使用してライトゲームを楽しむ動画も公開されましたが、1万円台前半でオドロキの仕様が満載!

ということで、ここでは大注目のライトゲームロッド「サイレントビジョン」の実際の使用感や、特徴、モデルごとの使い分け等を紹介していきましょう。

ではまず、その特徴から。

「ビルトインカーボングリップ」搭載

まず注目なのが、この価格帯のロッドとしては、異例中の異例!「ビルトインカーボングリップ」を搭載していること。

これにより、ロッドの重さがかなり軽量化されているうえ、感度も向上しています。

目感度もバツグン

「サイレントビジョン」は、「ビルトインカーボングリップ」搭載で手感度が素晴らしくよいのは前述した通りですが、さらにティップにマーカーを搭載しているため、目感度もバツグン。

ボトムでの居食い系バイトや、軽量ジグヘッドのスローフォール時にモタレるような微妙なアタリも視認できるほどです。

ビギナーからベテランまで、とにかく使いやすい!
絶妙セッティングの「ブランクス」

「サイレントビジョン」の大きな特徴は、ブランクスにあります。

具体的にいうと、しっかり粘りながらも絶妙に曲がる「クロスグリッド製法」を採用していて、ターゲットの引きを楽しみつつも、時にはいなし、ラクに浮かせ獲ることが可能になっています。

またバラシを軽減し、フッキングを向上させるために、パリッとしながらもマイルドさもあるブランクセッティングとなっていて、ビギナーからベテランまで、とにかく使いやすい!という絶妙なセッティングの「ブランクス」になっています。

ちなみに「サイレントビジョン」には、実は2ランク上の価格帯が使用するレベルの高弾性カーボンも使用しているとのことです。

あらゆる場面、釣り方に対応できる4モデルをラインナップ

「サイレントビジョン」シリーズは、ライトゲームで出くわすあらゆる場面でしっかり楽しみ尽くせる以下の4本のラインナップとなっています。

SILENT VISION pcs Length(cm) Weight(g) TIP section Lure Wt(g) Line Wt(PE) Line Wt(N) Price(税抜)
SV-552ST 2 165 60 ソリッド 0.5~5 0.1~0.3 1~3lb ¥11,000
SV-632ST 2 191 67 ソリッド 0.8~7 0.1~0.3 1~3lb ¥11,300
SV-6102ST 2 208 72 ソリッド 0.8~8 0.1~0.4 1.5~4lb ¥11,500
SV-782TB 2 234 80 チューブラー 1.0~10 0.1~0.4 1.5~4lb ¥12,000

各モデルの詳細と、使い分け等を紹介していきましょう。

SV-552ST

「SV-552ST」は、港湾部、堤防などでジグ単(ジグヘッド単体リグ)をメインに楽しむモデルです。

アジングなど、ジグ単で常夜灯周りや小場所を攻略するのにピッタリで、取り回しの良いショートレングスで高感度設計。

ラン&ガン系のライトゲームにも最適なロッドとなっています。

SV-632ST

「SV-632ST」は、ワームを使うライトゲームのオールラウンダー的モデルです。

ジグ単(ジグヘッド単体リグ)をメインに、キャロ(キャロライナリグ)、スプリットリグもしっかり使いこなせます。オールラウンダー的なモデル。

ソリッドティップを搭載し、取り回しよく、さらに使えるリグウェイトも幅広めなので、これからライトゲームをはじめるというアングラーの最初の1本に最適なロッドです。

「SV-552ST」と「SV-632ST」の使い分け

「サイレントビジョン」4モデルの中で、特にジグヘッドリグ(ジグ単)で使いやすいのでは「SV-552ST」と「SV-632ST」の2モデルなのですが、その使い分け、選び方が気になるアングラーも多いのでは……

SLASH (スラッシュ)・テスターの佐々木友也氏によると、1g以上のジグヘッドを使用する場合は「SV-632ST」を。

1g以下のジグヘッドを使用する場合は「SV-552ST」を使用しているとのことです。

ご参考にどうぞ。

SV-6102ST

「SV-6102ST」は、ライトゲーム全体のオールラウンダーロッド。

ジグ単(ジグヘッド単体リグ)、キャロ(キャロライナリグ)、スプリットリグ、ライトワインド(マイクロダート)といったワームを使うゲームはもちろん、メタルジグやマイクロバイブレーションなどのハードプラグでも、しっかり楽しめるオールラウンダーっぷりです。

またロッドの長さを活かして、足場の高い場所での釣りも対応可能。

プラグなどで、攻めたいラインをきっちりトレースできるのも嬉しいポイントです。

さらに、ヒイカなどを小型のエギで狙うゲームにも、かなり使えるとのこと。

まさにオールラウンダーですね。

ソリッドティップモデルながら、全体的に張りのあるブランクスなので、メタルジグでの釣りや、ライトワインドも非常にやりやすいのが特徴

SV-782TB

「SV-782TB」は重めのリグを遠投で狙うのに適したモデル。

キャロ(キャロライナリグ)やフロートリグでの遠投系攻めで飛距離と感度を両立させた設計になっています。

マイルドながらバットがしっかりしているチューブラーモデルで、プラグや、小型ジグなどでも使いやすいロッド。

適合ルアーウエイト範囲内での使用で、コチラも小型アオリイカやヒイカを狙うエギングでも使い勝手がよいとのこと。

「サイレントビジョン」が、いよいよ登場!

アジ、メバル、サバ、カサゴ、カマス、メッキ、キス、ヒイカなど、オカッパリでのライトゲームをもっと楽しめるロッド「サイレントビジョン」は、いよいよ発売開始です。

気になるアングラーは、是非、手に取って、そのコスパの高さを感じてみてください。