ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スタッガースティック炸裂中!】たまらんばい永野的「琵琶湖ハスパターン攻略法!」

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは、たまらんばい永野です!

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

5月も後半に突入し、琵琶湖の釣り方に大きな変化が1つ。それは、北湖から南湖へハスが流入し「止まるアクション」から「逃げるアクション」への反応が良くなったこと。

狙うスポットは同じにはなりますが、これまで大活躍だった「コイケシュリンプマグナム」の釣りから「スタッガースティック」の釣りにシフト!

同じボトムジャークの釣りでも移動距離の少ない首振りから、ヒュンヒュンとした逃げるようなアクションへの反応が上々! いわゆる「ハスパターン」へ一気に変わりました。

そこで、今回のたまらんばいスポットでは、今アツいエリア・釣り方・タックルセッティングを解説します!

 

①アツいエリア

まずは、アツいエリアから解説していくと、ズバリ!「南湖西岸唐崎〜柳が崎沖」「浜大津(プリンス)沖」それぞれの4m前後に点在するウイードパッチ狙い。

こんな感じの、パッと見はしょぼい? 小さなウイードパッチを狙っています。

最近だと、ルアーを引いていてリングビアウォーレイ(通称ごはんですよ)の多少絡むところの方が、釣れる確率が高い気がしています。

とにかく、小さくも沢山あるウイードパッチ。できるだけ規模が大きかったり、くっきり映るところが良いのですが、それでも沢山あるので片っ端から撃っていっています。

バスが居ればほぼ1投。なのでキャスト数は少なく、場数を回っていく方が吉と出ることが多いです。基本的な時合は朝夕が多い感じです。

②釣り方

釣り方は、ウイードパッチを狙ったボトムジャーク。メインはズバリ、「スタッガースティック5in」に「リングオフセット(#3/0)」をセットした0.9~1.3gのネイルリグです。

スタッガースティック5in【ハイドアップ】

ハイドアップ公式「スタッガースティック5in」の詳細ページはコチラ

リングオフセット【VARIVAS】

VARIVAS公式「リングオフセット」の詳細ページはコチラ

アクションは、ボトムジャークでウイードパッチを目掛けてキャスト。30秒放置して、しっかりラインも沈めます。あとは軽くラインを張ってからジャークというよりは、トゥイッチに近い感覚で2アクション、6秒放置。2回トントン6秒放置の繰り返しです。

この釣りのキモ!

ウイードにスタックしたら絶対にすぐに抜かない!

ジャークしながらウイードに若干スタックした時、すぐ外すのは絶対にNG! スタックしたら少なくとも3セットは、そのままの状態(ウイードに引っかかった状態)でアクションします。

とにかくウイードに留めてアクションし、気付かせるのがキモ!

平均7分前後はかけます。ただ、1投に時間がかかる分、1つのパッチに1~2投だけであとはどんどんランガンです。

③タックルセッティング

使うのは「スタッガースティック5in」に、「リングオフセット(#3/0)」。「リングオフセット モンスター(#3/0)」でもOKです。これは今のところ差はありません。「リングオフセット」を使うのは、可動域が増し、アクションのキレが良くなるから。

通常通りにセットし、針先はスリッドに隠しているだけでワーム自体には埋め込みません。掛け重視のセッティングです!

ネイルシンカーは、フックポイントすぐ後ろのお腹側に刺します。縦に刺しても良いし、写真のようにワームから飛びださなければ、横から刺してもOKです。

ロッドは、僕が監修させていただいた「MACCA REDSIGNATURE(611MHST/RS)」。

繊細なソリッドティップが搭載されていて、ボトムジャークの釣りにピッタリです。

リールは、「メタニウム(XG)」で、ラインは、「ガノア アブソルート(20Lb)」といったセッティングです。

今回のたまらんばいスポットは以上です! ボイルが始まればまだまだ炸裂していく「スタッガースティック」のハスパターン! 是非お試しを。

WEB連載 琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査は隔週 木曜日 配信!

過去の記事もこちらからぜひチェック!