ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

実はこの時期が最もアツい! 梅雨から初夏のメバリング【裏最盛期】

寄稿:木村壮大~キムソウ~
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

木村 壮大 ( キム★ソウ)(Soudai Kimura) プロフィール

釣果より知識欲を原動力に釣行する変態系マルチアングラー ライトゲームが大好物な自称・孤高のマイノリスト(※変わり者) 趣味はキャンプと珈琲と渓流釣り、1982年生まれ、横浜在住 《サポートメーカー》ブルーストーム・ジャクソン・MTCW・ハピソン・スタジオコンポジット

みなさん、こんにちは! ジャクソンプロスタッフのキムソウこと、木村壮大です。
ところで、みなさんはメバルが好きですか?

1年を通して楽しむことのできるライトゲームのメインターゲットであるメバル。

しかし、一般的な認識でのメバルは春を最盛期として、その後の夏にかけてはオフシーズンとして扱われることが多いのが現状です。

なぜ、これからの時期、メバリングがアツいのか?

メバルは冬から春にかけて産卵をし、その後、メバルの状態はアフタースポーンと呼ばれ、体力回復のためにエサを荒食いします。
そのため、春は積極的にエサを捕食するメバルが良く釣れる時期なのですが、その後の体力全快のメバルを狙うアングラーはごく一部のロコアングラーのみというのが現状なんです。
今回は、そんな裏・最盛期とも呼べるこの時期のメバル釣りをご紹介します!

初夏のメバルのポイントとは?

アフタースポーンの時期に各地で捕食を繰り返し回復したメバルは、過ごしやすい本来の生息域に戻ります。
なので、狙い目となるポイントは港湾部・磯・岩礁帯の絡むサーフなど、ベイトのいる岩礁帯絡みの場所であればどこでも狙える時期でもあります。

港湾部の潮通しのよい外海や、磯のスリット、岩礁絡みのサーフの流れ込みや突堤周りなど流れの当たるエリアなどを潮の動くタイミングで狙うというオーソドックスな狙い方で釣っていけば、メバルからの返答が得られるはずです。

使用するルアーは?

ミノープラグ

ミノープラグは頭の下に付いたリップという突起が水を噛んでアクションする、引っ張ると潜るタイプのルアーなので、主に表層~中層付近を狙うのに適しています。

アクションもパタパタと動くので、ベイトフィッシュにもプランクトンにも通用する汎用性があり、細いモノや太いモノ、バタバタと動くモノや、タイトアクションのモノまで様々なので、各種用意しておくと良いでしょう。
特に流れを流下するプラクトンなどを捕食するメバルには効果的です。

アスリート+45SVG【ジャクソン】
Name Size Weight Type Hook 価格(税込)
アスリート+ 45 SVG 45mm 2.2g Sinking #14 ¥1,430

ジャクソン公式 アスリート+45SVG詳細ページはこちら

シンキングペンシル

シンペンはごくシンプルな形状のルアーで、引くと揚力が発生し徐々にレンジが上がるナチュラルアクションが身上のルアー。 同サイズのルアーと比べて重さもあり、飛距離を生かした広範囲な探りができます!

引くと浮き上がる特長を生かして、速めに巻けば表層、ゆっくり巻けば中層と、広いレンジを探れる出番の多いルアーです。

初夏に港湾部などに多いバチなどのベイトをライズしながら喰っているメバルを見たらシンキングペンシルの表層引きがオススメです。

アスリート55LLメバルチューン【ジャクソン】
Name Size Weight Type Hook 価格(税込)
アスリート 55LL メバルチューン 55mm 4g Slow Sinking #12 ¥1,320

ジャクソン公式 アスリート55LLメバルチューン詳細ページはこちら

 

表層系プラグ

シンキングペンシルと構造は同じですが、表層をゆっくり引くためにウエイトなどをチューニングして沈下速度を落としたプラグ。

ベイトフィッシュは水面直下を群れで泳ぐ特性があるので、この手のプラグは出番が多く、条件さえハマれば爆発力があるのが、このジャンルの特長です。
ベイトフィッシュ・バチなどの表層系のエサを喰うメバルを狙うのならこのルアーをぜひ使ってみてください。

にょろにょろ85【ジャクソン】
Name(Size ) Weight Type Hook 価格(税込)
にょろにょろ(85mm) 7g Sinking #6(single) ¥1,320

ジャクソン公式 にょろにょろ85詳細ページはこちら

ワーム類

ワームは使い手のイメージ次第で、様々なベイトをイミテーションすることができますが、それ故に、アバウトな感覚ではどっちつかずになりがちなのもワームの特徴といえます。

ジグヘッドというフックとオモリが合わさったフックに刺して使用するのがスタンダード。

プラグのように魚からフックが見えづらく、スレた魚でも違和感なく喰ってくるなど喰わせる力が強いのですが、思った以上に使い手の技術が問われるのもワームの釣りの特長。

ピピリング1.6″、ピピロング2″のジグヘッドリグ
Name Size Quantity 価格(税込)
ピピリング 1.6inch 8本入り ¥484
ピピロング 2inch 6本入り ¥484

ジャクソン公式 ピピリング詳細はこちら、ピピロング詳細はこちら

ただ1つのルアーをローテーションせず狙うのであれば、ワームを使うのが最適かもしれません。

ワームを使うと、やたらとカサゴばかり釣れる! というアングラーの方は、レンジ操作など自分のルアーの通る層をしっかり意識するとイイと思います。

以上、これからアツくなる、梅雨から初夏にかけてのメバリングを楽しんでくださいね!

≪使用タックル≫

ロッド:オーシャンゲートライトゲームミックス JOG-74L-K ST LGMIX
リール:タトゥーラLT2000S-XH(ダイワ)
ライン:ハイグレードPE X4 0.4号(バリバス)
リーダー:シーガーグランドマックスFX 1.5号(クレハ)

≪使用ルアー≫

にょろにょろ85
アスリート+45SVG
アスリート55LLメバルチューン
ピピリング1.6″
ピピロング2″