ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

菰田 淳史の最新サーフ&ロックショアゲーム【コノシロ&カタクチイワシ接岸時がチャンス】

寄稿:菰田 淳史
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

菰田 淳史(Atsushi Komoda ) プロフィール

房総半島をホームグラウンドにあらゆる釣りを楽しんでいるアングラー!ちなみに最近はサーフからのヒラメ&マゴチといったフラットフィッシュゲームにドハマり中!

こんにちは! 菰田 淳史です。
最近はサーフ&ロックショアどちらも出撃したく、体が1つでは足りません(笑)。

なので、その日のベイト接岸状況や波風予報によって、磯にするのか?サーフにするのか? を選択し、釣行しています。

さて、そんな感じで、少し前に、コノシロがサーフに接岸したタイミングでサーフヒラメを追っていました。

コノシロがサーフに接岸したタイミングでサーフヒラメ狙いに!

コノシロがいるレンジを探り、そのレンジに合ったルアーで誘います。この日は釣りをしていたのは遠浅サーフではありましたが、ボトムにコノシロが溜まっていたので、クイックセット28gの重心移動アイ側でボトム上をスローにストップ&ゴーで誘っていました!

するとレギュラーサイズですが肉厚なヒラメがヒット。
濁り気味のサーフでは、やはり強波動なクイックシャッドが効きますね♪

クイックセット28gの重心移動アイ側でボトム上をスローにストップ&ゴーで誘うとヒット

ジャクソン公式 クイックセット詳細ページはこちら

Size Weight Hook Quantity Price
ヘッド:25mm ワーム:3.5inch 14g #6 1 ¥925
ヘッド:35mm ワーム:3.5inch 21g #6 1 ¥975
ヘッド:45mm ワーム:3.5inch 28g #6 1 ¥1025

コノシロが表層に浮いている場合は、シャロースイマー125の表層テロテロ巻きが有効

コノシロが表層に浮いている場合は、シャロースイマー125の表層を漂わすようなテロテロ巻きが効きます。

そんな感じで、またまたレギュラーサイズがヒット。

コノシロがベイトの場合、釣れるサイズは大型が多いのですが、ナゼか、私はこのサイズばかりでした(笑)。

カタクチイワシが接岸した時の爆発力は半端ないです

さて、これからの時期はカタクチイワシの接岸が期待できます。
カタクチイワシが接岸した時の爆発力は半端ではありません。

色々な魚がベイトとなりますが、やはりイワシが一番です。
イワシが接岸すると、ヒラメにしても青物にしても入れ食い状態とな、写真を撮っている場合ではありません(笑)。

海が時化たら、ロックショアでのヒラスズキ狙いにGO

ちなみに、ここ最近は、仕事が休みの日は海が時化てしまい、サーフではなくロックショアでのヒラスズキ狙いがメインとなっています。

少し前の釣行では、カジメ帯(海藻)が露出するようなスーパーシャローエリアのサラシにて、シャロースイマー125で表層をデッドスローで通すとヒラスズキがヒット。

根掛かりを恐れて、なかなか攻められないエリアもシャロースイマー125ならガンガン攻められます。

スーパーシャローエリアのサラシにて、シャロースイマー125で表層をデッドスローで通すとヒラスズキがヒット

ジャクソン公式 シャロースイマー125 詳細ページはこちら

Size Weight Type Hook Price
125mm 17.5g Slow floating #3 ¥1,900(税別)

砂地絡みの磯では、ヒラメも狙えます

また、砂地絡みの磯では、ヒラメを狙うことができます。

この日はラッキーなことにカタクチイワシが接岸しており、20分間の時合いで8バイト3キャッチと65センチ頭に3枚続けてヒット。

全てアスリート12SSPの表層テロテロ巻きでキャッチ。

カタクチイワシの接岸タイミングでは、20分で65センチ頭に3枚続けてヒット! 全てアスリート12SSPの表層テロテロ巻きで!

Name Size Weight Type Hook 価格(税込)
アスリート 12SSP 120mm 33g Sinking #4 ¥1,980

ジャクソン公式アスリート12SSP詳細ページはこちら

なお、イワシの打ち上がり写真を撮りたかったのですが、フィーバー中だったので、撮れず…(苦笑)。

なお、これからの季節はまだまだイワシの接岸が期待できますので、とにかくフィールドに通いそのチャンスを待つのみです。

もちろん、ロックショア釣行ではしっかり安全装備を!

・ライフジャケット
・スパイクシューズor磯足袋
・グローブ
・キャップ

僕は足場の低い房総でのロックショアゲームがメインですので、常に流されてもいいように安全装備をすることは当然ですが、万が一、落水した時には、どのように上陸するか? を、常に頭に入れながら釣りを楽しんでいます。

危険が付き物なロックショアゲームですので、油断することなく程よい緊張感を常に持ち安全に楽しみましょう。
また、単独釣行では絶対に無理はしないようにお願いします。