ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【いよいよシーズンイン!】桧原湖ガイド ボンバーオススメ!この時期絶対に外せない釣り方とは

寄稿:ボンバー
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは、HIDEUPスタッフのボンバーです。

ボンバー(bomber) プロフィール

ハイドアップスタッフ。山形県南陽市赤湯出身、北塩原村在住。桧原湖のスモールマウスバスが好き過ぎて、裏磐梯に移住し桧原湖まで5分と言う好立地に拠点を置く。シーズン中は「ボンバー檜原湖ガイド」として、ガイドメインで活動中。

いよいよシーズンインとなった桧原湖(福島県)! 現在の魚の状況としてはスポーニング直前といった感じです。

今回はそんな桧原湖でこの時期に有効な釣り方をご紹介します。

現在の桧原湖は…

今年の桧原湖は雪が多かったので、シーズンインが遅れると思いましたが、あっという間に氷が溶けて無事シーズンイン致しました。

でも、まだまだ寒いので桧原湖に来る際は服装にご注意くださいね。

これからの桧原湖で効く!「スタッガースティック3.3in」のノーシンカー

今の時期は特にワカサギがメインベイト。というわけで、使用するのは「スタッガースティック3.3in」のノーシンカーリグになります。

ハイドアップ公式「スタッガースティック3.3in」の詳細ページはコチラ

キモは使い方とセッティングにあり!

どこでも、どんな使い方でも良いというわけではもちろんなく。「スタッガースティック3.3in」を使ったこの釣りのキモは使い方セッティングにあるんです。

使い方について

①:キャスト後に少し沈めてからゆっくり巻くだけ!

②:巻くスピードは弱ったワカサギをイメージして漂う感じ!

③:バイトがあってもロッドで合せず、そのまま同じスピードで完全に乗るまで巻く!

④:ロッドに魚の重みを感じたら、ハンドルグリグリ巻いて巻き合わせ!

この「ちょっと沈めて使うこと」が重要で、浮かせすぎたり、沈ませすぎたりしないようご注意ください。

セッティングについて

この釣りはアクション時の姿勢が重要になってくる釣り。できるだけまっすぐに姿勢をキープできて、かつフッキングの良いセッティング方法が必須です。

百聞は一見に如かず。2つ目のキモである「セッティング方法」はこちらをご覧ください。

スタッガースティック3.3in使いドコロ

使い方とセッティング方法がわかったところで、続いては「スタッガースティック3.3in」どこで使うんだ?と。

使いドコロはズバリ「スポーニングエリア周辺で、まだスポーニングしてないエリア」がベスト。そして、風の当たるバンク・はっきりとした立木などが沈んでるエリア、冠水ブッシュ周りなどの要素が複合してくれば効果バツグンです!

使用タックルはこんな感じ

ロッド:BFS-65L custom rod【BOMBER FACTORY CUSTOM RODS】
リール:スピニング2000番
ライン:デッド-オア-アライブ フィネスマスター PE X4(0.3号)【VARIVAS】
リーダー: スーパートラウトエリア マスターリミテッド ショックリーダー [VSPフロロカーボン](1.2号/6lb)【VARIVAS】
フック:アンダーショット (FINE WIRE)(#1・#2)【VARIVAS】

これから気温が上がってくると、どんどん楽しくなってきますよ~!更に詳しく知りたい方は是非、「ボンバー桧原湖ガイド」へお越しください!

ハイドアップ(HIDEUP )

現役トッププロ吉田秀雄が代表をつとめる琵琶湖そば滋賀県大津市を拠点とするルアーメーカー。 異例のロングランヒットを続けるスタッガー・オリジナルをはじめとする、スタッガーシリーズやHUクランクシリーズなどのワーム、プラグやロッド「マッカ・シリーズ」など、こだわりのアイテムを多数輩出。