ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

満足度の高いハイコスパリール「BASAL(バサル)」、お値段11,000円

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

お値段以上、バサル

テイルウォークの「バサル」は、フルレンジ、エランに続くベイトリールシリーズ。

バサルは、シリーズとしては新参者だが、「お値段以上」と評価は高い。

実は価格11,000円(税別)。ちょっとビックリですが、クオリティは明らかにその価格以上のものを感じられるのです。

出典:テイルウォーク公式

上記写真は昨年3月にテイルウォーク開発日記に掲載されたタイラバでの1尾。メモリアルフィッシュの顛末はこちら。つまり、問題なく大ダイもキャッチできますよと。

フルレンジ、エランとアングラーから支持を受けてきたからこそ、こうした低価格帯リールに、そのイズムが踏襲されているともいえます。

グラファイトフレームに強化カーボンサイドカバーで、軽さを求めながら強度も両立、スプールは鋳造アルミスプール。

もちろんベアリング自体は4+1と、超シルキーとはいえないまでも、リール自体の軸がブレないからか、ルアーの挙動などを的確に伝える巻き感度は十分。

ブレーキはマグネットブレーキシステムを採用。サイドカバーを開けずとも側面のダイヤルで調整でき、釣りにデビューしたての方でも難しい操作は不要。とにかくコストパフォーマンスには驚くしかないリールで、フレッシュからソルトまで幅広く使えてしまうのも魅力。

エントリーにはもちろん、中級者以上の方のサブ機としても価値があるリールではないでしょうか。

CAとVT

タイプは2つあり、CAとVT。

モデル ギア比 ウエイト(g) ドラグMAX(kg) 糸巻量 ベアリング 巻上量 定価
CA73R CA73L 7.3:1 190 6.5 PE2-200m 4+1 78cm/回転 11,000円
VT73R VT73L 7.3:1 198 6.5 PE2-200m 4+1 78cm/回転 11,000円

テイルウォーク公式バサル詳細ページはこちら

CA73R / CA73L

CAはベイトキャスティングモデルで、バスでは巻きモノ、ちょっとしたビッグベイトもこなせる糸巻量も魅力(16lB・100m)。90mmのダブルハンドルでロックフィッシュやシーバスなどにもハマるでしょう。

VT73R / VT73L

バーチカルモデルのVT73は特にオフショアでのタイラバやジギングなんかにもマッチするはず。

こちはオフショアでの大物も想定してパワーハンドルとなっているのが特徴です。

VTはバーチカルを意味し、タイラバやジギングなどオフショアの釣りに向く。可変パワーハンドル&EVAハンドルノブはオフショアでのパワーファイトをアシストします。

何かと使えて全然悪くない、コストパフォーマンス的にはピカイチ。徐々に各魚も活発になるこのタイミングに、満足度の高いバサルを複数用意するのもよいかもしれませんよ!

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。