ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【減水傾向で大苦戦?】それでも釣れる水野浩聡の釣り方とは

連載:水野浩聡のOne more fish
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは! 水野浩聡です。

GWも終わりましたが、皆さんどうお過ごしだったでしょうか? 僕も数日お休みを頂いていたのですが、高速道路も混雑していたので、出掛けたり釣りに行かれたりした方も多かったのではないでしょうか?

さてGW明けは、久々に地元岐阜県のメジャーフィールドの1つでもある五三川に行ってきました。

GW明けの五三川釣行

ホントは、アフターの中でもいち早く回復傾向にあるバスを狙って、それをフロッグで釣りたいなと思い、水温の上がってくる昼前くらいから、小型のフロッグ「カエラ」を投入するも無反応。

カエラ

ジャッカル公式「カエラ」の詳細ページはコチラ

水温が上がって、それに伴いメスの活性が上がると、シェードやカバー周りで何かしら反応があると思ったのですが、投げども投げども反応なし…。

どうやら、直前に水を流していたことで、五三川自体がやや減水傾向にあったようです。ショアラインのカバーも魚の密度が低く、ポジションが沖に変わっていました。水位が下がることよって、バスからすれば天井が下がってくるので目線も下向きに。

目線が下向きのバスを釣る方法

なんとなくバスの目線が下向きなことを察知したので、確認作業のために「ワムワム48」のノーシンカーを沖のブレイクに点在する沈み物付近に入れていくと、すぐさまバイト。コンディションの良いバスをキャッチできました。

ワムワム48

ジャッカル公式「ワムワム48」の詳細ページはコチラ

この時期のアフター狙いでは、産卵場となるフラット地形近くのカバーやシェードを攻めるのがセオリーですが、今回は減水によって浅いフラットからバスが抜けているような印象を受けました。なので、沖のフラットにある縦ストや沈み物というのが、こういった場合の対処法となりますね。ちなみに、水温が下がったりした時も同じような攻め方が有効にはなってきます。

基本的には、水温が上がってくるとメスバスは浮いてくるので、そうなるとバスの目線に合わせた釣りや移動距離の少ない表層系の釣りが効果的になりますが、イレギュラーなタイミングもきっとあると思いますので、ぜひ参考にしてみてください!

この日は午後から、ジャッカルの若手アングラー松田くんと合流。

松田 祐輝(Yuki Matsuda) プロフィール

中部地方の五三川や大江川などをメインに、フィネスからパワーゲームまで多彩なスタイルを武器に日々デカバスを追う注目の若手アングラー。独自のYouTubeチャンネルやSNSなども積極的に活用し、バスフィッシングの魅力を常に広め続けている。

この日のバスの目線と傾向を証明するかのように、「ドリフトクラブ」のテキサスで松田くんも良いバスを釣ってました。

ドリフトクラブ

ジャッカル公式「ドリフトクラブ」の詳細ページはコチラ

川は特に日替わりな傾向が強いですが、バスの目線を意識してアフターのゲームを組み立てていきましょう!

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい