ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

初めてのショアジギングに!1万円前半で購入できるエントリーロッド!ダイワの「ショアジギングX」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

手軽に堤防や磯から大物が狙えるショアジギング。

ショアジギングとは、ショア(陸)から、メタルジグやミノーなどのルアーを使い、青物やロックフィッシュなど、多種多様な魚を狙えるルアーフィッシングです。

タックル自体もシンプルで、堤防やサーフ、磯など様々なエリアで楽しめるビギナーの方にもオススメの釣りとなります。

今回紹介するのは、これから新たにショアジギングをはじめたい方にオススメのモデル、ダイワの「ショアジギング X」

出典:ダイワ公式「ショアジギングX」詳細ページ

「ショアジギング X」は、手ごろな価格帯ながら、本格的なスペックの2ピース仕様のロッド。

軽量に設計されているので、一日投げ続けても負担が少ないショアジギングエントリーにピッタリのモデルです。

ショアジギングロッドのエントリーモデル「ショアジギング X」

2022年5月登場予定

ダイワ公式「ショアジギング X」詳細ページはこちら

ショアジギングエントリーにピッタリのモデル!

「ショアジギングX」は1万円前半の価格帯で、機種もジグやターゲットにあわせ4種類がラインナップされています。

手ごろながらも、ブランクにはネジレを抑制するための強化構造のブレーディングXや、ライントラブルを軽減するKガイドが採用されています。

ブランクはBRAIDING X(ブレーディングX)

「ショアジギングX」では、ブランクに「BRAIDING X(ブレーディングX)構造」を採用。カーボンテープでX状に締め上げることで、パワーロスとなるネジレを抑制します。細くても高い強度を確保し、持ち重り感を低減しているので、操作しやすく負担も少ないのが特長です。

大物が掛かった際でも、魚の引きをしっかりバットで受け止めて引き寄せることができます!魚に主導権を渡すことなく、グイグイ寄せることができるので、混雑した堤防でも安心です。

また、ブランクはキャストしやすい調子になっており、リリースのタイミングがつかみやすい設計になっています。

よりルアーを遠くに飛ばせるので、キャストに慣れていない方でも安心して使うことができます。

ガイドはトラブルの少ないKガイドを採用

ガイドはライントラブルの少ないKガイドを採用。

ビギナーの方にとっての天敵であるライントラブルも軽減してくれるので、より快適に釣りを楽しむことができます。

各機種のスペックと適合表

機種のスペック
モデル 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー
重量(g)
ジグ
重量(g)
ライン
PE
(号)
カーボン
含有率
(%)
本体価格

(税抜)

96M 2.90 2 150 275 2.0/14.4 10~50 15~60 1~2 95 13,200円
96MH 2.90 2 150 280 2.2/15.9 15~65 20~80 1.5~3 95 13,600円
100MH 3.05 2 157 290 2.2/15.9 15~65 20~80 1.5~3 94 14,000円
96H 2.90 2 150 292 2.4/17.9 20~80 30~100 2~4 93 14,400円
ターゲットの目安

ルアー適合表

 

これからの時期はワカシ・ツバスやシオゴ・ネリゴと呼ばれる青物の若魚が狙うことができ、ショアジギングを始めるにはぴったりのタイミング。

今回紹介した「ショアジギングX」はビギナーの方にも手に取りやすい価格で、キャストやルアーの操作など扱いやすい性能です。ショアジギングは様々な魚が狙えて、予期せぬ大物とも出会えるロマンに満ちた釣りです。

また、四季で狙える魚種も変化し、通年で楽しむことができますので、気になった方はチェックしてみてください!

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!