ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【弱くて移動距離が短いがキモ!?】水野浩聡がGW真っ只中に連発する方法を公開!

連載:水野浩聡のOne more fish
寄稿:水野浩聡
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは! 水野浩聡です。

GW真っ只中ですが、皆さん有意義な連休をお過ごしでしょうか?

僕自身は、このGWは久々に完全なるお休みを数日設けていたりするなど、普段なかなかやれないようなことに時間を使ったりしています。それでもやっておきたいこともたくさんあるので、時間を見つけては短時間釣りに出掛けているところです。

GW真っ只中の短時間釣行

さて5月に入り、平野部のフィールドを中心にアフターの個体も増えてきました。

この5月自体は、プリ、ミッド、アフターと産卵前後の魚が混在するタイミングでもあります。僕自身の狙いとしては、1足早く産卵を終えたアフターの個体に狙いを絞って釣りを展開していくことが多いです。

中でも、水温の上昇とともに適度な風が当たるフラット地形や、それに隣接するブレイクなどにフィーディングで差してくる魚を狙う釣りが楽しく、連日短時間ではあるものの連発することが出来たり、良い瞬間をとらえることができ釣果に繋がっています。

フリックシェイク4.8inのダウンショットワッキーで春バス連発!

GW真っ只中で連発しているその釣りは、「フリックシェイク4.8in」のダウンショットワッキー。

フリックシェイク

ジャッカル公式「フリックシェイク」詳細ページはこちら

これを、魚が差してくるだろう風の当たるフラット付近にキャストして、ミドストの要領でシェイクをしながらスイミング。

まだまだ回復前の個体が多い中、ハードルアーや横方向に速く動くものに対しては反応がイマイチなので、移動距離の少ないリグでなおかつワッキー掛けで魚にアピールもしつつも、手返しよく釣っていく事の出来る「フリックシェイク4.8in」のダウンショットワッキーが最適となります。

個人的には、弱くて移動距離の短い巻きモノ感覚でこのセッティングを使っています。

連発するためのキーワードとは?

ただ、連発するような良い条件というのはある程度決まっていて、強すぎない風がフラットや隣接するブレイクに当たっていること、そして水温の上がる日というのが連発するためのキーワード。

フィーディングと言っても、まだまだ回復前なので、基本的には強い流れや風を嫌う傾向があり、さらに水温低下もアフターのバスの活性を著しく下げる原因となるので、晴れた日の午後から吹く風に期待するような感じになってきますね。

タックルデータ

・ロッド:ポイズンアドレナ264UL 【シマノ/ジャッカル】

・リール:コンプレックスXR2500 F6 HG 【シマノ】

・ライン:レッドスプール(5Lb)【ジャッカル】

ミドストや、春先の「フリックシェイク」のジグヘッドワッキーで釣っていた時と全く一緒のタックルです。むしろ、「これがあればある程度は僕の陸っぱりゲームは成立してしまうのでは?」と思えるほど、なくてはならないマストな信頼できるタックルです。

まだまだ産卵で、岸際をフラフラしているようなバスも見かけたりしますが、基本その個体は一切無視して、沖方向に伸びる張り出しなどの地形変化に差してくるフレッシュな個体をこういった釣りで釣っていっています。

今後は回復にかけて、バスも捕食を繰り返すシーズンにもなってくるので、ルアーへの反応は1年の中でも比較的良い季節。そろそろアフターに絞った釣りの展開もメインに組んでいきましょう!

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい