ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【想像以上の微振動っぷりだった!】ティムコの注目バスルアー「ローリングハーケン93S」のアクション

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ティムコの2022新作バス用プラグ「ローリングハーケン93S」

超微振動を出したいがゆえにリップレス。そしてテール部分だけが、なんとシリコン素材となっている次世代プラグと呼べるルアー。

リップレス

リップが水を受けることでボディを動かすのは皆さんご存知の通りですが、 リップに頼らずもっと微振動を…となった時に辿りついたカタチだという。

シリコンテール

シリコンを選んだ理由は、エラストマーのような耐久性と動きを出したかったから。けれど、エラストマーはどうしてもクセがつきやすい。かといってワーム素材では耐久性に欠ける。

ローリングハーケン93Sの水中アクション

そこでシリコン。プラスチックボディとシリコンの融合。これがどんな動きかといえば以下。

出典:ティムコ公式Facebookページ

もうコレは魚ですね(笑)。直進性ではブレがない、けれどムチャクチャ細かくテールが微振動。かつ、すごく生命感に溢れる。

この映像、後半はスローになっているのですが、なまめかしさバツグン!

フッキングも決まりやすい

トレブルが、ぶら下がった状態で一瞬のバイトを絡め取りやすい。小さなフィンは、フックがボディを拾ってしまうことを防ぐ効果がある

また、フッキングのよさも特筆すべき点。

一般的なシャッドテールワームでは一瞬のバイトで掛けることが難しい場合も多々あるかと思います。

多くはバスが後ろから付いてきてバイト…となるのですが、これが掛かりにくい。そこでローリングハーケンではトレブルをぶら下げた状態に。

これによってバイトがあった際に、フックはフレキシブルに、絡め取るようにフッキングが決まりやすい仕様となっています。

プラグだからこその色彩

また、通常のシャッドテールワームと比較すると、当たり前ですがプラグだけにカラーを豊かに表現できるのも利点となります。

カラーラインナップは8色でワカサギ、アユ、シラウオ系を中心に実績色をリアルに再現。

非常に細かな振動、色、これに魅せられたバスがバイトを見せればフッキング率も通常のシャッドテールよりも高い、非常によく考えられたルアーがローリングハーケン93Sです。

ホロクラッシュシラウオ

ギンアユ

ハーフミラーワカサギII

ピンキーフラッシュ

 キララワカサギ

スケスケワカサギ

ハーフミラーモロコ

ハイパーブライトバック

使い方自体もシンプルで、タックルもシャッドテールを使うようなイメージでOK。

ティムコが推奨タックルとして挙げているのは…

ロッド:6’0″-7’0″程度のL-MLアクション
ライン:3-8lbライン、0.3-1号程度のPEライン
※PEラインにフロロの5~8lbのリーダーを1m程度装着するのがベスト

としています。

難しく考えずに投入できちゃう、まさにルアーパワーで釣れるアイテムといえるでしょう。

発売予定は7月と、使ってみたいドンピシャなタイミング!? 早くゲットしたい!

スペック

全長: 93mm
自重: 5g
タイプ:シンキング
価格:1,680円(税込1,848円)

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。