ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【全長24mmの小さな巨人】シグレシリーズ最新作「NANO SIGLETT(ナノ シグレ)」登場で虫パターンが次のステージへ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

メガバスの人気虫系ルアー「シグレシリーズ」。オリジナルモデルからグランド、タイニーと今までありましたが、今回「シグレシリーズ」に新たなサイズが登場します。

今回登場するルアーはなんと「シグレシリーズ」最小サイズで、伊東由樹氏に奥の奥の手と言わしめるほど…。

NANO SIGLETT(ナノ シグレ)

2022年6月登場予定

とりあえずまずは、モノをご覧ください。

 

 

Length Weight Type
24mm 1.5g Floating

メガバス公式「NANO SIGLETT(ナノシグレ)」の詳細ページはコチラ

驚異的な小ささ

まず言えるのがとても小さいこと。歴代の「シグレシリーズ」と比較しても、その差は歴然です。それもそのはず、この「NANO SIGLETT(ナノシグレ)」全長24mmと小指の爪の先ほどのサイズ。1円玉が、2cmなのでその小ささが伝わるかと思います。

左から、グランドシグレ・シグレ・タイニーシグレ・ナノシグレ

もちろん、「シグレシリーズ」のハイピッチアクションは継承されていて、小さくなっても釣れるアクションは変わりません。

バスだけじゃないトラウトにも効くNANO SIGLETT(ナノシグレ)

バスはもちろんですが、トラウトにも効くのが「NANO SIGLETT(ナノシグレ)」。実際渓流釣りでテストを行った際もカナリ釣れたらしいです。記者的にも渓流釣りはもちろん、エリアトラウトゲームでも使ってみたいです。

伊東由樹氏本人による解説動画はこちら

【伊東由樹が生解説】世界最小!わずか24mmしかない前代未聞の羽根モノ「NANO SIGLETT」とは

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。