ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

超ソフトエラストマーのボディがブルブル動く!ティムコの「CTハッタクローラー ドバECO」が登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

時の流れは早いもので、2022年もあっという間に5月を迎えました。5月というとバスも産卵を終えて、ぼちぼちアフタースポーンの個体も増えてきはじめるタイミング。

GWを過ぎたころには、バスが急に沈黙してしまう…なんてことも。

産卵を終えたバスは基本的にスロー気味。なかなかルアーを追えない個体がほとんどで、口を使わせるのにも一苦労。

今回紹介するのは、そんなアフターに使いたい、ティムコの「CTハッタクローラー ドバECO」

「CTハッタクローラーECO」といえば、エラストマー素材でおなじみ、12インチのロングワーム。高浮力で艶めかしく動くボディは、絶妙な生命感を生み出します。

2021年には4.3インチの「CTハッタクローラー ミニECO」が登場しましたが、今年は“ドバミミズ”サイズの5.9インチ、「CTハッタクローラー ドバECO」が登場しました。

「CTハッタクローラー ドバ ECO」

「CTハッタクローラー ドバ ECO」は2022年4月に登場した、高浮力の超ソフトエラストマーを使用したストレートワーム。ボディ全体にリブを配置し、テール部分にはくびれを設けるなど、水を掴みやすいのが特徴。

実際に触れてみたのですが、かなり柔らかく、想像以上に軽い質感。少しの振動でもブルンブルンっと震えるように動くなど、これまでのモデルと同様に蠢くような生命感は健在。

特にテールの先端が発する振動はかなり細かく、水中で震える様子を想像するだけで…。釣れるイメージが湧いてしまいます!

これまでのシリーズと異なり、ボディに厚みを持たせており、よりシルエットが際立つようになっているのもポイント。

ネコリグなどで沈めておいても、ボトムで立った状態でバスにアピール。水流でボディが自発的にアクションし続けてくれるので、スレたバスでもたまらずバイトするハズ!

出典:ティムコ公式Twitter詳細ページ

スローなバスにネチネチとアプローチができるので、アフターの時期にもピッタリの性能です。

リグもネコリグ・ジグヘッドワッキー・ノーシンカーなど幅広く対応。超ソフトエラストマーなので、弱いバイトでも弾かずにすっぽりと口の中に納まってくれます。

ちなみに、ノーシンカーでは水面に浮くので、ワッキー掛けで表層のバスを狙うのにもオススメなんだとか。エラストマー素材を活かして、話題の“イヌリグ”にも使用できるとのこと。

「CTハッタクローラー ドバ ECO」のスペック

スペック
Length Weight 入数 本体価格(税込)
150mm(5.9インチ) 3.6g class 6 814円

エラストマー素材を使用しているため熔融する恐れがあります。他のワームやルアーとは別の容器で保管してください。また通常のワームとは異なり、癖がつきやすい性質がありますので、パッケージ容器にまっすぐ保管するようにお願いいたします。ネイルシンカーを刺したままにすると裂けてしまう恐れがありますので、外して保管してください。

出典:ティムコ公式「CTハッタクローラードバECO」詳細ページ

 

カラーラインナップ

 #00ソリッドブラック

#11アカミミズ

#12クリアワカサギ

 #15ウォーターメロンギル

#16ダークミミズ

#17グリーンパンプキン

#18ウマシオテナガ

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。