ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

春イカ本番!ボートエギング爆乗りレポート【和歌山県田辺・サウスカレント】

寄稿:青木将晴
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは! BLACK LION青木です。

先日、和歌山県は田辺の「サウスカレント」さんで ボートエギングを楽しんできたので、レポートさせていただきます!

青木 将晴(Takaharu Aoki) プロフィール

紀伊半島をホームグラウンドとし、フィールドワークを繰り返すオカッパリエギングのスペシャリスト。またオカッパリエギングだけでなく、ティップランやイカメタルなどオフショアでのイカゲームの経験・ノウハウも豊富。愛称は「あおっくん」。ブラックライオン・フィールドテスター、デュエル・エギテスター

いつ春イカが開幕してもおかしくない昨今。 連日春イカの兆しが見え始めていたので、自分が思うタイミングで予約を入れ挑戦してきました。

ボートエギングで春イカを狙う

狙うは、干潮からの上げのタイミングと、干潮の潮止まり前のタイミング。開始早々にボトムまでエギを落とし込み、あまり跳ね上げることを意識をせずに、「ラーテル77」の柔らかいブランクスでボトム付近をネチネチと探っていきます。

すると、フケいたラインが一気に走りフッキング。カンナが掛かった瞬間にジェット噴射も始まりましたが、そこは「ラーテル77」 の柔らかくても粘りのあるブランクスで引きを味わいながら、上がってきたのは3キロ弱のナイスサイズ。

それからポツリポツリと4ハイ追加し、夕マヅ目は終了となりました。

干潮の潮止まり前のタイミングで春イカを狙う

本日、1番のタイミングと予想していた干潮の潮止まり前のタイミング。ここまではDUELの「イージーQ® キャスト 喰わせ」を主に使用していましたがここで「イージーQ® ダートマスター™」に変更しました。

イージーQ® ダートマスター™の新色がいい感じ

カラーは、今年の春に新色で発売された「ピントビーシュリンプ」。 しかもこのカラーは、今回お世話になっている「サウスカレント」さんが監修したカラー。監修カラーは、この「ピントビーシュリンプ」と、「ブルー夜光ブルーパープル」 の2色。

今回はナイトのシチュエーション。迷わずシルエット重視のピントビーシュリンプを選択しました。

操作方法も軽いシャクリから少し、強いシャクリにして探ると、手元に僅かに伝わるイカからのコンタクト。 迷わずフッキングを入れた瞬間から、本日2回目のジェット噴射。慌てず「ラーテル77」をブチ曲げ上がってきたのは、またもや3キロ弱のナイスサイズ。

自分が思っていたタイミングと、思い通りのカラーで釣れた瞬間は、最高の1ハイとなりタイムアウト。

今回は午前便と午後便のダブルヘッダーでしたが、疲れを感じさせず最後まで集中力を維持できる、「ラーテル77」 に感謝です。

柔らかいブランクスの、「ラーテル77」とDUELの「イージーQ®シリーズ」は、最強のコンビ。軽ーく軽ーくシャクッてドスン。皆さんも是非体感してみてください。
ラーテルシリーズ」も続々と入荷していますので是非お店で触ってみてください。

ラーテルシリーズ

Item EGI
(号)
Line
(PE)
Section 自重
(g)
仕舞寸法
(cm)
Production
ラーテル77 2.5〜3.5 0.6〜1 2pc 89 119.5 MADE in JAPAN
ラーテル77MH 3.0〜3.5 0.6〜1 2pc 88 119.5 MADE in JAPAN

ブラックライオン公式「ラーテルシリーズ」の詳細ページはコチラ

この日は、乗合で凄腕エギンガーの佐藤さんもご一緒でした。アタリがあれば逃さない! 流石でした。

佐藤さんは、南紀白浜の平草原近くでカレー丼屋さん「南紀OTOYA」を営んでます!

そこで大人気の裏メニューが、佐藤さん自ら釣ったアオリイカを調理した、アオリイカカツカレー丼!

エギンガーの皆さんも通われる人気のお店です! 南紀に釣りきた際には、ぜひ1度お立ち寄りください!

ブラックライオン(BLACK LION )

和歌山県田辺市を拠点とするSWルアーメーカー。 エギングやティップランでアオリイカををターゲットとし、フィールドでの実釣を積み重ねたアイテムづくりを心がけた開発を展開。 またイカメタルゲームでのケンサキ(マイカ)釣りやタイラバで狙う真鯛釣りに関するアイテムなども輩出中!