ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【現在開発中】ジャッカルのプロトオフショアキャスティングロッドを杉山代悟が解説

連載:ジャッカルソルト
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは。杉山代悟です。

今年の駿河湾でのサワラキャスティングは、魚の浮きが悪く厳しい年となってしまいました。サワラ自体は多く、ディープエリアのジギングなどで良くヒットしたのですが、ベイトとなるイワシ自体の浮きが悪く、それに伴いサワラも海面まで浮いて来なかったみたいです。日によっては、シラスを食べて難しい単発ボイルを狙う日も多々ありました。

さて、今回ご紹介するのが、ジャッカルで開発中のキャスティングロッドです。
今年の気難しいサワラキャスティングゲームを、この開発中のロッドでテストしてきました。ほぼ完成系まで辿り着いたので今回ご紹介させて頂きます。

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの若きエース。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

開発中のキャスティングロッド2種類の紹介

開発中のキャスティングロッドは、「7.3ftの柔らかいモデル」と「7.8ftの硬いモデル」の2種類です。まずは、「7.3ftの柔らかいモデル」を紹介します。

7.3ftの柔らかいモデル

ここ最近非常に盛り上がりを見せている、サワラキャスティングゲーム。遊漁船に乗ると、満船で胴の間や、トモからのキャストは良くあることです。プレジャーボートでの釣りでも、ちょっと短くアンダーキャストをメインに釣りをしたい方。そんな方には、「7.3ftの柔らかいモデル」をオススメします。

ティップ〜ベリーにかけては、とても繊細に柔らかくバットは、5キロ以上のサワラが掛かっても、しっかりと寄せてこられるパワーを持っています。

ティップが柔らかいので、アンダーキャストで少しロッドを振っただけで飛距離が簡単に出せますし、口が柔らかいサワラは、しなやかなティップでないと弾かれてしまいフッキングしないことがよくあります。ですが、この7.3ftの柔らかいモデルだと、はじかれず口に針が残りフッキングすることが出来るのです。

リールは、3000~4000番。PEライン1号〜2.5号でテストしてきました。少しライト気味なタックルで遊びたい方はオススメです。

7.8ftの硬いモデル

次に「7.8ftの硬いモデル」です。「7.3ftの柔らかいモデル」に比べて長く、パワーがあるモデルです。先ほども言った、サワラの口切れを防止する為に、この「7.8ftの硬いモデル」もティップは柔らかく、バッドにパワーを持たせてあります。「7.3ftの柔らかいモデル」をそのままパワーアップしたイメージです。

遊漁船のミヨシで飛距離を誰よりも出したい方、入れ食い状態でパワーファイトをしたい時、大型の7~8キロオーバーの魚を狙いたい時、10キロクラスのカツオやメジ(ブリ)にも使いたい方。そんな方には「7.8ftの硬いモデル」をオススメします。

リールが5000~6000番でPEライン2号〜3号のサワラキャスティングにしては、強めなタックルで主にテストしてきました。

今年の秋リリース予定で、来年のサワラキャスティングゲームには間に合う様に頑張りますのでご期待ください。

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!