ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【迫力満点】レオン加来匠的!メバルトップウォーターゲームの楽しみ方

連載:加来 匠レオン「ライトゲームマニア」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

浮かべたペンシルプラグがいきなり水中へ引き込まれ、水面を走らせたダブルスイッシャーへメバルが空中へ躍り出て、もんどり打って襲いかかるメバルトップゲーム。これはもうね、魚のサイズが小さいだけで、ズーミングして観るとまるで、アマゾンでピーコックバスを釣っているかのごとき迫力なのです。

さて、そんなメバルトップゲームに長年魅了され続けている僕は、まさに【トップのトップシーズン】入りしたばかりの4月20日に、東京湾へ行ってきました。

レオン 加来 匠(Kaku Takumi) プロフィール

加来匠(かく たくみ) 中国&四国エリアをホームグラウンドとし、メバルやアジ、根魚全般の釣りを得意とする生粋のソルトライトリガー。レオンというのはネットでのハンドルネームとして使い始めたが、いつの間にか、ニックネームとして定着。ワインドダートやSWベイトフィネスなどを世に広めた張本人、新たなスタイルを常に模索中! 「大人の遊びを追求するフィッシングギアを提供する」ことを目的としたプライベートプロダクション「インクスレーベル」代表もつとめる。

超軽装でメバリングを楽しみまくり

ロッドは、「サビアTCプロト」に「エル・セーラ」の2本だけ。ルアーは「ザラパピー」1個・「タイニートーピード」1個・「スープラ65PD」2個・「ジェイボーイ」2個・「ステルスペッパー」1個・プロトプラグ2個と、全てランガンフリーコンテナー1個へ収まる超軽装。もうね、これだけあれば充分以上に遊べるのがこの時期の東京湾の魅力です。

メソッドも簡単。投げたらひたすら水面を走らせるように巻くか、奥まったところならピンポイントへ打ち込んだらポコンと音を立てて数秒放置するだけ。これに尺前後の大メバルがバシャッとほんの数メートル前で喰ってくるのだから堪らんのですよ諸君(笑)。

…と言うことで、今回は原稿で四の五の書きません。

横浜のメバルフリーク知久さんをフィーチャーリングして動画をしっかり撮ってきましたので、その模様を映像でお楽しみください。

迫力のバイトシーンは必見!メバルトップゲーム

まだ空の隅が薄明るく更けやらぬ時間帯から、水面をそれなりのスピードでシャーッと走らせるダブルスイッシャーに、いきなりバコバコ喰ってくる様は中々見応えがあると思いますよ。

出典:YouTubeチャンネル「INX tv」

タックルデータ

ロッド:FXB-63UL SABIA/TCプロト

FXB-52UL+ el SERA

リール:スティーズCTSVTW アルファスAir ※両機共にINXライトロックカスタムスプール搭載

関連ツイートもチェック

ライズが無くてもトップに出る

船長に聞く

ジェイボーイ使い方メバル編

という訳で、皆さんも機会があれば「メバルトップゲーム」、楽しんでみては?