ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バスロッド「アルカンセロッドV-610M」をボートシーバスで使ってみてもイケてた

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

先日公開したZPIのNEWベイトリール「DUアルカンセ」を使ったボートシーバスゲーム実釣動画。

注目はフレッシュとソルト、どちらでも使えるDUアルカンセに集まりがちですが、もうひとつ注目してほしいのがロッドのアルカンセ。動画内で橋脚撃ちなどで使われているのが「V-610M」。

アルカンセリール同様、バス用ロッドとして登場しているアルカンセロッドなのですが、このV-610Mはベイトで狙うボートシーバスにも効果的。

アルカンセロッドV-610M

そもそもアルカンセロッドV-610Mは、バーサタイル性が非常に高いロッドでアルカンセの中でもベイトで色々やるのに適した優等生。

V-610Mの「V」はそのまま「バーサタイル」を意味しています。

スペック
製品名 全長 仕様 ルアーウェイト ライン 価格(税抜)
ALC–V610M 2.08m グリップ着脱タイプ 1/4 ∼ 1oz  8 ∼ 14lb ¥37,000

レングス:6フィート10インチ
パワー:ミディアム
テーパー:レギュラーファースト

バスでいえば撃ち・巻きともにこなせるミディアムクラスのパワーで8~20gほどのルアーが非常に扱いやすいモデル。

ボートシーバスにおいては、バットのパワーはしっかりしているのですが、ティップにかけては適度な張りがありながらも、ある程度の柔軟さもあります。操作面においてもちょっとした小技を利かせたルアーコントロールが可能!

バスもシーバスもやるという方ならオススメ!個人的には近距離ロックフィッシュゲームの便利屋としてもイイんじゃないかなぁなんて思います。

タフさと器用さをもつアルカンセロッドV-610M、DUアルカンセとの組み合わせで、フレッシュもソルトも、色々楽しめると思いますよ!

ZPI公式アルカンセ詳細ページはこちら

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。