ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【AKラバージグJr.7g 9g】イッセイ赤松健プロデュース!AKラバジのコンパクト版が2022年4月28日登場

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

イッセイ赤松健さん監修の人気ラバージグとして知られている「AKラバージグ」と、チャンク系ワーム「AKチャンク」。
このコンボには、お世話になっているという方も多いのでは?

赤松健(Akamatsu Ken) プロフィール

高校3年生の時に村上晴彦に出会い、村上晴彦の釣りやスタイルに惚れて弟子となる。 琵琶湖、五三川がホームグラウンドで柔軟な発想で楽しく真剣にバスフィッシングと向き合うアングラー。 2018年に師匠と同じisseiに入社。自身がプロデュースするルアーも輩出中。 1985年生まれ、滋賀県出身、滋賀県在住。大の生き物好き。

さてそんな「AKラバージグ」と「AKチャンク」に2022年春、コンパクトサイズが登場!

まずは一足先に2022年3月中旬にAKチャンク4inのダウンサイジングモデル「AKチャンク3.4in」が登場!
続いて2022年4月28日にAKラバージグのコンパクト版「AKラバージグ Jr.」がリリースされたんです!

AKラバージグ Jr.7g 9g 【一誠】

2022年4月28日登場

赤松さん的にAKラバジ&チャンクを使用していくうちに少し悩みを抱えていたそうな…。それは…

「AKラバージグ」+「AKチャンク」のベストな誘いとして赤松さんが求めていたのはクイックな動きと、その後、止めた時の余韻アクション!

ただそんなアクションで動かそうとすると、Hパワーといったかなり強めのロッドが必要となる…。 だけど、オカッパリで効率よく釣りをしようとすると、汎用性の高いロッド必要になる…。

そんな悩みを解消するために、MからMHパワークラスの汎用性の高いロッドで使えるコンパクトなAKラバジ&チャンクを開発するにいったたそうな!

 

ウエイト フックサイズ メーカー希望本体価格(税別)
7g・9g #1 ¥620

issei公式「AKラバージグjr.」の詳細ページはコチラ

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

 

色々なロッドで扱える汎用性の高さ

AKラバージグJr.は、オリジナルと同様に低重心設計のフラットヘッドと延長キーパーによって、ボトムで水平姿勢を保ちます。
さらに延長キーパーによって後方重心となるため、根掛かりのリスクも軽減することでロックエリア・ハードボトムでも快適に扱える仕様に。オリジナルの良さを継承した状態でよりコンパクト、扱いやすくて食わせ力もアップしています!

 

AKラバージグ Jr.のカラーバリエは全8色!

そんな「AKラバージグ Jr.」のカラーバリエーションは全8色! シルエットのハッキリとでる「#01 ブラック」やザリガニの多いフィールドで活躍してくれそうな「 #04 ザリガニ」、ギルの多いフィールドで投入したい「#16 稚ギル」をはじめ、カラーも充実していますよ!

#01 ブラック

 

 #04 ザリガニ

#07 グリーンパンプキン

#10 ブラウン/パープル

 #11 モスキート

#14 ブラックシャイナー

 #15 エビ茶

#16 稚ギル

以上、赤松健さんプロデュースの新作! 「AKラバージグ Jr.」の情報をお届けしました! コンパクトになった「AKラバージグ」+「AKチャンク」! これらのハイシーズンの釣りで期待大です!

AKラバージグjr.の魅力が詰まった動画もチェック

出典:YouTubeチャンネル「issei一誠」

issei 一誠 (issei )

魚遊びの天才”村上晴彦をルアーデザイナーに据え、設立された滋賀県を拠点とするルアーメーカー。 その後、村上晴彦の弟子として赤松 健も開発スタッフに加わり、創意工夫満点のルアーを続々と発表中。