ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オフショアゲームを始めるならこのリール!オクマの「アゾレス」がオススメ!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ジギングからキャスティングまでオフショアの釣りを幅広くカバーするオクマのスピニングリール「Azores(アゾレス)」。

価格帯も2万円前後とと手ごろながら、剛性に優れ、ターゲットもキハダやカツオ、サワラから青物と様々な魚種にも対応できるマルチさが魅力です。


出典:YouTubeチャンネル「ZENITH FISHING ROD」詳細ページ

近年でいえば、人気のトンボジギングやサワラキャスティングにも多く使用されるなど、オフショア入門機種にもオススメのモデルです。

スペック

出典:オクマ公式「アゾレス」詳細ページ

型番 本体価格

(税抜)

ギア比 ベアリング数 自重 (g) 最大巻上長(cm) 最大ドラグ力(kg) ナイロン糸巻量(mm)

PE糸巻量(#号)

AZORES-8000P 18,500円 4.8:1 8BB+1RB 528 99 13.2 4号/335m,

5号/270m,

6号/220m

#3/380m,

#4/300m,

#5/240m

AZORES-10000P 19,800円 5.4:1 8BB+1RB 700 117 20 5号/430m,

6号/350m,

8号/265m

#4/480m,

#5/400m,

#6/320m

AZORES-16000P 20,800円 5.4:1 8BB+1RB 722 117 20 6号/410m,

8号/310m,

10号/240m

#5/470m,

#6/370m,

#8/310m

機種は8000・10000・16000の3種類。

人気のサワラキャスティングやトンボジギング、これから盛り上がるシイラなどを狙う際は8000P。ロックフィッシュやヒラメなどのジギング系も幅広くカバーするモデルです。

ブリやヒラマサ、より大型のキハダを狙うのであれば10000P、GTや50kgオーバーのキハダなどを狙う場合は12000Pがオススメです。

剛性がとにかく強いので、モンスタークラスの魚でもしっかりと対応できるパワーが持ち味です。

トンジギの実釣動画はこちら

「剛性」と「巻き感」について

「アゾレス」の最大の武器である「剛性」と「巻き感」について解説。

オフショアの釣りは不意な大物がかかることも多く、リールへの負荷も相当なモノとなります。特にスピニングリールは構造上、負荷がかかった場合、ボディのたわみやガタつきが発生しやすく、剛性力がそのままリールの寿命や巻き感に大きな影響を与えます。

アゾレスでは、独自のボディ構造や素材を採用することで、剛性力を強化。また負荷がかかった状態でも巻き出しができる機構安定化システムMSS(メカニカルスタビライズシステム)を搭載。

これにより、キハダから大型青物、サワラなど強力なファイトをする魚にも対応できるようになっています。

剛性に長けたボディ構造

アゾレスでは、ボディ・サイドプレート・ローダーにAlumiLite(アルミライト)構造を採用しています。

アルミライト構造とは、圧力を加えて鋳造するダイカスト製法を用いて生成する手法。生成されたボディのブレが少なく、安定した強度を保ちます。

素材もアルミニウムを採用しており、従来のフレームより剛性が高く、強力なドラグにも耐えることが可能。ボディには防錆加工を施すことで、50%以上の耐腐食性を実現。ソルトウォーターでもタフに使用することができる設計となっています。

メインシャフトは大型魚に耐える肉厚設計で、その強度は従来比3倍ほどになっているとのこと。

負荷が掛かった状態でも安定した巻き出しが可能

激しいファイトや負荷が掛かった状態でもしっかり巻取りができるよう、内部には機構安定化システムMSS(メカニカルスタビライズシステム)搭載。

機構安定化システムMSSとは、内部に薄いカーボンプレートを配置することで、パーツ間のブレやズレを抑える機能。ファイト中の衝撃や負荷が掛かっても安定してギアが稼働できる性能となります。

また、ピニオンギヤは前後二ヵ所をボールベアリングで補強しており、スムーズな可動を実現。高負荷がかかった場合においても、精密なギアの噛み合わせにより、軽快なリーリングを維持する設計となっています。

ベアリングに関しても、6つのHPBを搭載し、ソルトウォーター対応の高品質なステンレス鋼材料が使用されています。

パワーと軽さを両立したハンドル

巻き取りにおいて重要となるハンドルパーツ。アルミ製マシンカットハンドルを使用することで、パワーと軽さを実現。

人間工学に基づいた楕円形のハンドルノブは力を込めやすく、力強い巻き取りが可能。

 

 

そのほかにも、スプール表面に滑り止め加工を施したナーリングスプール設計や、DFD(デュアルフォースドラグシステム)を採用。

DFDはスプールの上下にドラグシステムを組み込むことで、ドラグ調整やドラグ力が向上。初期ドラグの安定性が向上すると共に最大ドラグ力が大幅に向上するなど、ファイト時にサポートしてくれる機能が充実しています。

解説動画はこちら

アゾレスは剛性に長け・負荷がかかった際の巻き感など、より実践的な機能が多数備わった優秀なリールです。

価格帯も非常に手ごろとなので、オフショアゲームのエントリー機種にもオススメです!

ぜひ気になった方はチェックしてみてください!

ゼニス/オクマ(ZENITH / okuma) プロフィール

1986年に台湾・台中市で設立されたリールメーカー「オクマ」。アメリカ、ヨーロッパ、北米やアジアなどワールドワイドに流通するオクマリール。低価格&高性能のリールをリリースしている。ゼニスは山口県下関市にあるロッドメーカー。ショアからオフショアまで幅広くルアーロッドを展開。ロッド製作工程の多くを自社で行い、高品質で定評がある。