ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【経験を積むことを優先】セントラルオープン出場なるか?加木屋守(マーモ)がアメリカ生活の近況をレポート

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
寄稿:加木屋 守
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは!

先日開催されたノーザンオープンでは、僕にアメリカのことをよく教えて下さる木村建太さんが優勝!

カッコ良すぎる優勝でした。本当におめでとうございます! 試合終了後に反省釣行に行くと、ものすごい釣れっぷり。この優勝パターンを見つけだした、木村建太さんのすごさも、改めて実感できました。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

セントラルオープン出場なるか? 経験を積むことを優先してウェイティング中

さて、ノーザンオープンが終わり、今はセントラルオープンの会場であるミシシッピー州にあるロスバーネットリザーバーに来ています。

セントラルオープンは、ノーザンオープンよりウェイティング番号が遅いため出られる可能性は低いですが、拠点としているヒューストンへの帰り道なことと、今はひたすら経験を積むことを優先したいので、今回もウェイティングで挑戦することに致しました。

モチロン出れれば幸いですが、今はアメリカのバスやフィールドについて少しでも理解していきたいので、釣行回数を増やすことに集中です。これが終われば即日本に帰国します! まずはアフターのバスを新作の「ロングエム」で釣りまくりたいな(笑)。皆さんそれではまた来週!

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!