ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【春の早明浦ダムで爆釣】水野浩聡が語る「春のシーズナルパターン」

連載:水野浩聡のOne more fish
寄稿:水野 浩聡
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは!

今週は、再び遠征ウィーク。今回は、高知県の早明浦ダムにお邪魔してきました。本当は、先月に行く予定だったんですが、減水の影響でボートが出せる状態ではなく、ようやく叶った今回の釣行。ボートは、ここ早明浦ダムでレンタルボートを営業している松田直人くんにお願いしました。僕のように遠征で来ていても、レンタル施設があるフィールドってのは気軽に楽しみやすいので良いですね。

松田 直人(Naoto Matsuda) プロフィール

高知県出身でホームグラウンドは早明浦ダムであり、年間300日は釣りをしながら、フルタイムバスプロを目指す若手アングラー。フルタイムガイドサービスやレンタルボート業も営んでいて、「早明浦の松田直人チャンネル」としてYouTubeでも活躍中。

早明浦ダムでレンタルボート釣行

自分の操船では初めての早明浦釣行となりましたが、バスの季節感(産卵の進行具合)を把握するために各所ランガン。

スポーニング場所となりうる、インサイドベンドや各ワンド内をチェックすると、やはりネストが各所にありオスが陣取っていたため、これをあえて狙うことはせず、産卵前の個体や直後の個体に絞って、そのエリアの沖に刺さっている立木や橋脚、付近の岩盤などのいわゆる縦ストを狙っていくことに。

ちょうどこの日は晴天無風ということで、産卵を一度終えた個体は水温上昇によって、レンジを上げていきます。そこに縦ストが絡んでいると上下動がしやすいということですね。

表層系プラグやノーシンカーワッキーで爆釣

狙うルアーが表層系では、「ピクピク」や「ナギサ」などの弱いもの。縦ストに沿って落とし込んでいく釣りには、「ヤミーフィッシュ3.8in」や「フリックシェイク4.8in」のノーシンカーワッキーなどをアプローチ。すると案の定、次から次へとバイトがあってラッシュ状態に突入。

特にゆっくりとバスの目線に運んで落とせる「フリックシェイク」のノーシンカーワッキーは、無双状態でした。結果的に50アップも混ざって、親友と2人で短時間のラッシュを味わい25本以上のバスをキャッチ。1陣の産卵後の個体、2陣の産卵前の個体。どちらのメスバスもパターンに上手くあわせて釣ることができました。

この傾向は早明浦ダムだから! というわけではなく、むしろ全国共通のシーズナルパターン。僕自身はどこに行っても、このパターンの可能性をこの時期は模索するくらい、王道というかセオリーな釣りの1つでもあります。

春先のプリスポーン狙いでは、「フリックシェイク」のジグヘッドワッキーが各地でハマっていましたが、産卵後に関しては極力バスの目線にゆっくり運んでいってあげたいので、浅いレンジでの使用時はノーシンカーワッキーを用いることが多いですね。

今回の使用タックル

・ロッドポイズンアドレナ(264UL-2)

・リールコンプレックスXR(2500 F6HG)

・ラインレッドスプール(4lb)

自分の目で見て確認するという意味では、この早明浦ダムは初めてでしたが、やはりシーズナルパターンにシッカリ当てはめてあげると、まだまだバスは反応してくれるんだなと再確認。ぜひ皆さんもイイ釣りをしてくださいね!

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。