ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

1万円台で購入可能!スロージギングのエントリーにピッタリ!ダイワの「ヴァデル SJ」が新登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

近年のアウトドアブームの影響もあり、新たに釣りを始める方も増えてきています。

これまで、釣りというとオカッパリが中心のイメージでしたが、最近では乗合船などサービスが充実し、オフショアでの釣りも気軽に始められるようになりました。

特にジギング系の釣りは、様々な魚種を手軽に狙えることから人気も高く、ライトジギングやスロージギングなどスタイルも様々。

なかでもスロージギングは、その地域ごとで多彩な魚種を狙えるなど、注目を集める釣りの一つです。

今回紹介するのは、そんなスロージギングのエントリーモデルにぴったりのモデル、ダイワの「ヴァデル SJ」をご紹介!

ダイワの「ヴァデル」といえば、ライトジギングやSLJ、キャスティングなど、オフショアゲームのエントリーシリーズ。ロッドの他、スピニング・ベイトリールもラインナップされています。

価格はロッド・リールとも約2万円ほどと手ごろで、エントリーモデルではありますが、基本性能は充実!

そんな「ヴァデル」シリーズにスロージギング専用モデルが登場しました。

「ヴァデル SJ」

 

 

ダイワ公式「ヴァデル SJ」詳細ページはこちら

スロージギング専用設計「ヴァデル SJ」の性能

ジグアクションのカギとなるブランク設計

スロージギングは、ロッドの反発を活かしてジグを操作し、フォールでじっくりと誘う釣り。

ブランクスは重ためのジグでも、軽快な跳ね上げ操作が可能。アクションの際は、しっかりジグの重みをブランクで受けながら、反発力をため込む設計で、アングラーの負担が少ない構造です。

また魚が掛かった際も、ロッドを曲げてファイトすることができるので、青物の強力な引きもブランクで受け止め、トルク力を活かして浮かせることが可能。

不意の大物とも勝負できる、ロッドパワーも十分に備わっています。

リールシートはフジ工業のPULSシート採用

リールシートはフジ工業のPULSシートを採用。ソルティガやキャタリナなど上位機種でも採用されているリールシートです。

PULSシートは、竿の操作・魚とのやりとり、それぞれに特化したリールシートで、手首の自由度が高い3フィンガーや、手首の負担の少ない4フィンガーに対応。

リールシートの握り方で、異なる個性を発揮する設計です。

フジ工業公式「パーミングトリガーシリーズ」詳細ページはこちら

スムーズな曲がりをアシストするバットジョイント構造

全機種、バットジョイント構造を採用しています。携帯性はもちろん、バットパワーを維持しながら、ブランクのスムーズな曲がりをアシスト。

そのほか、ガイドは多淫トラブルの少ないKガイドが採用されています。

各機種のスペック

「ヴァデル SJ」は63B-2・63B-3・63B-4の3機種が展開。レングスは共通で、6ft3inch。

63B-2は近海のスロージギングモデルで、ジグも120~200gクラスに対応。ターゲットも小~中型青物や根魚を中心にタチウオ、マダイ、ヒラメなど幅広い魚種を狙うことができ、浅場や軽量なジグを多用するフィールドに適した、ライトなパワー設計です。

63B-3に関しては、近海~中深海スタンダードモデル。150~260gクラスのジグで青物や根魚全般、中深海のアカムツなどスロージギングの対象魚に幅広く対応。オールラウンドなパワーで、スロージギングを新たに始めるのにぴったりのスペックです。

63B-4は、63B-3よりもヘビーなジグ、よりパワーのあるターゲットに向けた近海~中深海スタンダードモデルです。ジグも200~300gクラスで、ターゲットは大型青物や大型根魚、中深海のアカムツ、クロムツなど。ディープエリアでも、しっかりジグをアクションさせるパワーが持ち味です。

スペック
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ジグ・ルアー
重量(g)
ライン
PE(号)
カーボン含有率
(%)
本体価格

(税抜)

63B-2 1.91 2 141 110 1.7/8.9 120~200 0.8~2.0 81 20,500
63B-3 1.91 2 141 115 1.9/9.4 150~260 1.0~2.5 87 20,500
63B-4 1.91 2 141 120 2.0/9.9 200~330 1.0~3.0 88 20,500

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!