ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

シマノから待望のフラッシュブースト搭載のタコエギ「タコマスター フラッシュブースト 3.5号」が登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

出典:シマノ公式「タコマスター フラッシュブースト 3.5号」詳細ページ

タコ釣りシーズンが徐々に近づく時期となりました。

2022年、シマノから待望のフラッシュブースト搭載のタコエギ「タコマスター フラッシュブースト 3.5号」が登場します!

フラッシュブーストは、内蔵された反射板が軽い振動を与えることで自動的にフラッシングするというシマノ独自の構造。これまでにはなかったボディ内部でのフラッシングをプラスした強アピールタコエギがいよいよ登場です!

「タコマスター フラッシュブースト 3.5号」

2022年3月登場

シマノ公式「タコマスター フラッシュブースト 3.5号」詳細ページはこちら

「タコマスター フラッシュブースト 3.5号」の注目ポイント

フラッシュブースト搭載でアピール力UP

一番のポイントは、なんといってもフラッシュブーストの搭載。

マダコは非常に好奇心旺盛で、フラッシングに好反応を示します。これまでタコエギのアピール力をアップさせるために、ブレードやフラッシャーなどを設置してきましたが、その分で抵抗が増して仕掛けが流されたり、感度が下がってしまうことがありました。

対して、「タコマスター フラッシュブースト 3.5号」は何も付けない状態でもアピール力はバツグン。仕掛けもエギとオモリのみとなるので、仕掛けの抵抗も少なく、感度はもちろん飛距離もアップします。

ステイ中のアピールの継続もフラッシュブーストならではの効果。

エギを止めた状態でも内蔵プレートが動き、光が明滅。タコが抱こうか迷っているときも誘い続けるので、最後の一手としても優秀なエギに仕上がっているとのこと。

フラッシングだけじゃないラトルによるアピール効果

「タコマスター フラッシュブースト 3.5号」はフラッシングだけではありません。ラトル音も搭載。

フラッシュブーストの光とラトルによる音とダブルでアピール。フラッシング効果が弱くなる濁り潮でも効果的に誘うことができます。

動かす際には、ラトルとカラーの両方でアピールするため、他にアピールアイテムを付ける必要もなく、オモリとエギだけで自信を持って釣ることができる性能です。

フラッシュブーストを活かすシンカーデザイン

シンカーの形状にも注目。シンカーはボトムでの安定性を追求したデザイン。

船タコエギはアクションと同時に、しっかり”止め”の動作ができることが大切です。ステイ中の姿勢も安定しやすく、それでいて感知力にも優れた形状。シェイキング、ずる引きなどアクションにも対応しています。

しっかりフッキングできるオリジナルフック搭載

フックは、タコ釣り専用オリジナルフックを採用。フッキング性能はもちろん、大ダコにも負けない力強いデザインとなっています。

アクションやボディとのバランスも考慮された設計です。

 

吉田昇平さんによる解説動画はこちら

 

水中映像はこちら

 

カラーラインナップとスペック

スペック
サイズ(号) 重量(g) 入数(本) 本体価格(円)
3.5 35 1 1,130円
カラーラインナップ

Nアカキンエビ

Nピンクエビ

チャートエビG

シロエビG

オレンジエビ

Tマイワシ

Aゴールド

ミドキンアカ

 

イタリアンエビ

Tゴールドイワシ

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。