ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アフター攻略にぜひ】激食わせアクション「ストローシェイク」を演出!小森嗣彦プロデュース「ヤマミミズ3.5in」の出番がこれから多くなりそう

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

スポーニングシーズン真っ最中。

4月、5月は産卵絡みのバスを狙う展開が続きそうですが、6月にもなればアフターバスも視野に入れたスローな攻め方も多くなってきそうですよね。さて、そんな食わせ系のアプローチが問われるこれからの時期、こちらのワームの準備はできていますか?

 

ヤマミミズ3.5in【ゲーリーインターナショナル】

今回紹介するのは、小森嗣彦さんが監修を務める、ボディ全体が同じ太さであるノンテーパーデザインを採用したストレートワームヤマミミズ3.5in」。シンプルな見た目ですが、このシンプルさが狙い。釣れる理由でありコダワリでもあります。

全長:3.5in 自重:約 1.6 g 入数:8本 マテリアル:ハーフソルティ カラー:全12色

ゲーリーインターナショナル公式「ヤマミミズ3.5in」詳細ページはこちら

 

実物がこちら!

 

水中アクションもぜひチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

激食わせアクション! ストローシェイクを演出できるワーム

さて、そんな「ヤマミミズ3.5in」の最大の特長は「ストローシェイク」という、小森嗣彦さんがこれまで数々のトーナメントで実績を残してきたとされる、激食わせアクションを演出できるというトコロ! どういったアクションなのかを説明すると、ノンテーパーデザインによって、フックをセットしたセンターと両端が同じ波動を発生。ストローをかき回す動きに似ていることから、このネーミングに決まったそう…。

 

小森嗣彦さんはこのアクションで、2016年トップ50七色ダム戦(カット・カットテールワーム)、2018年バサーオールスタークラシック(カリフォルニアワーム)では優勝という成績を残してきたという訳ですが、このワームがリリースされるまでは、カリフォルニアロールやカットテールワームで行っていたそう。そんな破壊力のある「ストローシェイク」を誰でも簡単にできれば! という思いで「ヤマミミズ3.5in」を開発。

 

ネコリグでの使用がオススメ

そして、最もストローシェイクが出やすいリグというのが「ネコリグ」。

 

ネイルシンカー側がボトムで直立、シェイクを加えることによってロールアクションを生み出しますので、ストローシェイクを演出してシッカリ誘いたいならネコリグがオススメ。また、カバーの濃いようなフィールドでは、以下の画像のようにスナッグレスネコにすることでカバー周りをタイトに攻めるなんてアプローチも。

 

ノーシンカーリグやダウンショットリグなど! 他のリグにもシッカリ対応

ネコリグだけでしか使えないとなると決してそうでもなく、ノーシンカーリグとして使ったり、ダウンショットリグでも充分に活躍! まずはネコリグで使っていただきたいですが、幅広いリグに対応するのも「ヤマミミズ3.5in」の魅力です。

 

フックセットも肝心

ネコリグでシッカリとした「ストローシェイク」を演出するためにはフックセットも肝心!

因みに、推奨フックは「スーペリオ・MⅡフック【エンジン】」(#8)。形状とサイズ感が丁度で、1つあれば上で紹介したリグ全てに対応できるとのこと。フックを刺す位置に関しては、頭側前から1/3前後の位置で横刺し。身切れ防止のため、ワッキーチューブを使用します(太さ3mmを長さ4-5mmにカットしたモノ)。また、ネイルシンカーは0.8gがベスト。

 

カラーは全12色展開

カラーラインナップは、ナチュラル系を主体とした全12色展開! 水の色やバスの反応にも対応できるように、何色か揃えておきたいですよね。

 

スポーニングが終えるとアフターに差し掛かるタイミング。ぜひ、「ヤマミミズ3.5in」でイイ釣りをしてみてくださいね。

 

こちらの動画もご一緒に

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

ゲーリーインターナショナル (Gary International)

トップアングラーとして知られる河辺裕和が代表をつとめる米国・アリゾナ州に本社を置くゲーリーヤマモトカスタムベイツの日本支社。ゲーリーグラブやカットテールワーム、ヤマセンコーなど超ロングラン人気を誇るGaryYAMAMOTOワームなどを中心に扱っているほか、YABIA BRANDなどで独自のアイテムも人気を集めている。